VOICE 姉や兄のような先生、道標となる卒業生。
あなたの目標が身近にいる。

HOME > VOICE

いつもあなたを見守ってくれる先生たち。それぞれの進路へと羽ばたいていった先輩たち。それは、看護師として、社会人として、夢に向かって成長していくあなたの目標となる人たちです。

students’voices

[先輩からあなたへ]Message 1

1年 田口 朝香さん

1年 田代 夏央里さん

患者さんに、安心を与えられる看護師に。

「人を救う仕事をしているお母さんってかっこいい」。そんな看護師として働く母への気持ちが、看護師を目指すきっかけでした。高校生の時に1日看護体験に参加。患者さんへの看護師さんの想いやりに触れ、看護師になると決心しました。その後担任の先生に勧められ、更生看護専門学校を知りました。決め手になったのは、校舎が綺麗で設備も充実、実習は隣の安城更生病院でできること、先輩方の「楽しいよ」の声、そして国家試験の高い合格率です。
授業では、実践的な技術練習に「楽しさ」を感じ、グループの仲間たちと図書館で調べたり話し合ったりして考えがまとまっていく時に「やりがい」を実感。実習では、患者さんとのコミュニケーションを築くのに「笑顔」が大切だということを学びました。
そんな学校生活で得られたことをベースに、目指す将来は「笑顔がステキで責任感があり、患者さんに安心感を与えられる看護師」。後輩となる皆さんにも、ぜひ入学して夢を叶えてほしいと思っています。

時間割例〈1年生〉
  MON TUE WED THU FRI
1 看護形態機能学1 教育学 看護形態機能学2 基礎看護技術4
2 倫理学 論理的表現 英語1 基礎看護技術3 保健体育
3 基礎看護技術1 看護形態機能学2 研修 微生物学 看護形態機能学1
4 基礎看護学概論 看護に生かす
物理学
心理学 生化学

PAGE TOP

[先輩からあなたへ]Message 2

2年 矢部 紘子さん

2年 東 あかりさん

理想の看護師像に近づけるように。

看護師を目指したきっかけは、当時、歯科衛生士という夢があった自分に「看護師の方が向いてるよ」と言ってくれた母の言葉。この学校を選んだ一番の理由は、実習病院が近いことです。入学すると学校の雰囲気がとても良く、すぐに大好きになりました。先生と学生の距離が近くて分からないことは気軽に聞くことができ、悩んでいるときは家族のように親身に接してくれます。
授業は難しいと感じることもありますが、知識と知識がつながった時はとてもやりがいを感じ、得た知識を実習で生かしたくなります。実習では、担当した患者さんが精神的に落ち込んでしまっていたのですが、関わる中で元気になられ、退院後にお手紙をいただくこともありました。
私にはなりたい看護師像が2つあります。ひとつは、状況に流されず落ち着いて判断できる看護師。もうひとつは、知識・技術・想いやりすべてを兼ね備えた看護師。こんな風に夢を描けるのも、母の言葉のおかげですね。
これから始まる実習でしっかり学び、理想に近づけるよう頑張っていきます。

時間割例〈2年生〉
  MON TUE WED THU FRI
1 母性看護学概論 健診 在宅看護概論 疾病論6 基礎看護技術9
2 精神看護学概論2 疾病論5 成人看護学方法論2 社会福祉学 小児看護学概論
3 小児看護学方法論1 成人看護学方法論2 成人看護学方法論3 老年看護学方法論1 人間関係論
4 母性看護学方法論1 疾病論6 疾病論6 疾病論5 人間関係論

PAGE TOP

実習のタイムスケジュール
AM 7:40 登校   PM 1:00 午後の実習スタート
AM 8:30 病棟で打ち合わせ
午前の実習スタート
患者さんのケア
  PM 5:00 実習終了
学校で着替え、学生ホールで友達と明日の打ち合わせ、実習レポートの作成
PM 12:00 お昼休み・ランチ   PM 5:30 下校

PAGE TOP

OG’s message

[卒業生からあなたへ]OG’s Message

愛知県厚生農業協同組合連合会 安城更生病院安城更生病院勤務 吉村 玲奈さん

安城更生病院勤務 吉村 玲奈さん

学校生活は、一生の財産に。

安城更生病院では、呼吸器内科・耳鼻科に勤務。あっという間の1年間でしたが、急変の患者さんへの対応など、先輩たちを尊敬することばかりです。そんな中、目指すべき憧れの看護師に出逢うこともでき、その先輩から「大丈夫?」と声をかけられると、忙しくても頑張ることができます。
実際に勤務をしてみて、更生看護専門学校の実習で就職先の雰囲気を感じたこと、コミュニケーション能力を身につけたことが役に立っているなと思っています。何より、現在でも同級生と相談しあったり、食事を楽しんだりしていると、学校での3年間は想い出だけではなく、一生の財産になるんだなと改めて実感しています。
今はまだ余裕がないけど、患者さんの「ありがとう」にやりがいを感じています。多くの経験を積み重ね、いずれは患者さん一人ひとりの想いに寄り添えるような看護師にと思っています。

teacher’s message

[先生からあなたへ]Teacher's Message

看護教員 吉澤 真由美

看護教員 村先 久美子

いっしょに学びましょう。

看護教員になろうと思ったきっかけは、看護師として看護学校の学生を臨床で教えた時。もっと学生の皆さんと深く関わり合いたいと思い決心しました。看護師という立場では、一人ひとりの気持ちに寄り添った指導をすることに、限界があると感じたからです。
きっと実習だけでは分からないことがたくさんあると思いますが、皆さんには「自分でしっかりと考え、その考えを軸に行動できるような自主性」を持ってほしいと伝えています。
また、看護教員として、強く心掛けているのは「個々の能力や個性を伸ばす」こと。皆さんと同じ目線に立ち、いっしょに学び、ともに成長していきたいと思っています。
更生看護専門学校には、新しい自分を発見できる素晴らしい環境があると確信しています。皆さんの入学を心からお待ちしています。

PAGE TOP