事務総合職 採用情報

仕事内容

病院

病院は、たくさんの職種がチームで仕事をします。病院事務職は、医療従事者が診療で力を発揮できるように多種多様な業務を行います。

医事課

医事課では、患者さんの診療に関する事務手続き全般を行います。基本的な業務として外来・入院の受付、新規患者の電子カルテ登録、医療費の請求、会計などがあります。医療費の請求では、診療報酬で定められたルールに照らし合わせて患者さんへの診療行為を点数化し、レセプト(診療報酬明細書)を作成します。これらの仕事ができるようになったら、診療報酬改定の分析や経営管理に必要となるデータの作成なども行います。診療データを分析し、医師に診療内容の改善を提案するなど、経営管理にも貢献しています。

先輩の声

「たくさんの仕事を覚えられるか不安…」という声をよく聞きますが、1年もすれば一通りの仕事はできるようになります。医師や看護師からの質問に答えられるようになると、自分でも成長を感じられると思います。医療の知識がたくさん身につくので、家族や友人から重宝されますよ。

総務課

総務課では、人事管理、給与計算、福利厚生、労務管理、安全衛生などを行います。これらは、職員が安心して働けるようサポートする仕事です。一般企業にも同様の仕事があると思いますが、病院では職種や勤務形態が多岐にわたるので、入退職の手続きや給与計算は複雑になります。その他にも、職員がそれぞれの専門分野で集中して業務にあたることができるような環境づくりに努めています。また、国・県から受ける各種指定の申請・更新業務や、その際に発生する行政提出資料などの文書管理も行っています。

先輩の声

病院では、医師の時間外労働が多いことが問題となっています。多職種で連携してタスクシフトの推進に取り組んでいますが、総務課の事務職員が中心となって院内の調整を行っています。多職種の調整は大変ですが、医師の働きやすい環境を作りたいと思います。

施設課

医療機器の購入や保守管理を行っています。医療機器は高額なものが多いので、医療現場の要望をもとに慎重に選定し、購入を行います。医療機器の保守は、専門性が高く、費用も高額になる傾向にあるので、価格交渉は腕の見せどころです。また、地震をはじめとする災害への対策も担当しています。災害時にも医療の提供を継続できるように、施設課の事務職員が中心となってBCP(事業継続計画)を策定するとともに、備蓄品の管理も行っています。最近は、エネルギー管理や環境対策への対応にも力を入れています。

先輩の声

施設課の仕事は、外部の人と一緒に仕事ができるところも魅力のひとつです。消防や地域と連携して行う大規模な災害訓練では、病院の代表として中心的な役割を果たしています。災害発生時に、地域に必要な医療を継続できるように、様々なことを想定して備えています。

企画課

企画課では、中期計画や事業計画の立案をはじめとする企画業務を担当しています。また、安定的に病院を運営するために経営管理も行っています。近年では、広報活動にも力を入れており、地域の人たちに病院の取り組みを知ってもらうために、広報誌、WEBサイトなどの広報物の作成や新聞・テレビなどの取材対応を行っています。企画課の仕事は、病院全体で取り組むプロジェクトチームに参加することが多く、多職種の職員と関わりながら目標達成に向けて取り組んでいます。

先輩の声

手に取ってもらえること、楽しんで読んでもらえることを目指して広報誌を作成しています。紙面構成を考えるのは楽しくもあり、苦しい時もありますが、「読んだよ!」「特集よかったね!」と声をかけてもらえると嬉しいです。WEBサイトやSNSと連動して発信の幅も広がり、とてもやりがいがあります。

その他

  • 医療情報課:診療情報の管理やニーズに応じて分析した情報の提供を行います。
  • 地域連携課:地域の医療機関や介護施設との連携を担います。
  • 教育研修課:研修医の臨床研修のサポートや職員研修を行います。
  • 健康管理課:健康管理センターで事務手続きを行います。

この他にも病院の様々な部署で事務職員が活躍しています。

本部

本部は、8病院の扇の要として「病院の運営・経営支援」を行っています。職員の約75%が事務職員であり、それぞれの部署が担当分野に関する病院の運営状況を把握し、必要時には病院に対して情報提供、解決策の提案などの支援を行います。また、JAグループの一員として、JA組合員の健康増進を支援しています。健診バスによる健康診断の実施、専門職による健康教室や料理教室の開催等を通じて、JA組合員の健康増進への意識を高めるサポートをしています。

本部組織構成

  • 経営企画課
  • 財務管理課
  • 情報システム課
  • 総務課
  • 人事課
  • 労務課
  • 医療課
  • 施設課
  • 看護統括課
  • 保健福祉課
  • JAあいち健診センター

プロジェクト

多岐に渡るプロジェクトは、病院や職種を超えたチームで進行します。その一例をご紹介します。

新型コロナワクチン大規模集団接種会場の運営

愛知県の要請を受け、2021年7月から新型コロナワクチン大規模集団接種会場を運営しています。安城更生病院を会場とし、8病院と本部から職員が集まり、「オール厚生連」で取り組んでいます。1回目・2回目接種では、約3万回の接種を行いました。2022年2月からは3回目接種の運営も行っています。事務職員は、愛知県・市町村と調整を繰り返しながら運用を構築し、接種当日は受付や誘導などの会場運営を行ってます。地域の人たちが一日も早くワクチンを接種できるように、職員一丸となって取り組んでいます。

災害派遣医療チーム(DMAT)

DMATとは「災害急性期に活動できる機動性を発揮するための専門的なトレーニングを受けた医療チーム」です。医師、看護師、業務調整員で構成され、事務職員は業務調整員として活躍しています。業務調整員は、医療機器、薬剤、食糧をはじめ、情報収集・通信や移動等にかかわる機材、資材を管理し、現地では、情報の収集・集約と発信、記録などの活動を行います。DMATの活動は自己完結型で行うことが原則であり、業務調整員は、医師や看護師が救護活動に集中できるようサポート業務を行います。

病院祭

地域の人たちに病院のことを広く知ってもらうために病院祭を開催しています。未来を担う子どもたちが医療に興味を持ち、「医療に関わる仕事がしたい!」と思ってもらえるように院内探検ツアーや手術体験なども企画しています。病院中心の企画以外にも、消防と協力して災害について考えるブースや、JAとのコラボ企画など、地域の関係機関と一緒になって病院祭を作りあげます。事務職員はイベント企画とともに院内の様々な部署や地域の関係者との調整を一手に担い、病院祭運営の中心的な役割を果たしています。

JA愛知厚生連 SNS

医療や採用に関する最新情報をSNSで発信しています。