医療・健康・介護情報をわかりやすく発信

With Magazine

やらなきゃ損!楽しく認知症予防

健康のこと

やらなきゃ損!楽しく認知症予防

  • 介護予防
  • 生活習慣病
  • 認知症

2020年時点で、65歳以上の認知症の人の数は約600万人と推計され、2025年には約700万人、高齢者の約5人に1人が認知症になると予測されています。多くの人にとって身近なものとなってきており、早めの予防に対する取り組みが重要となってきています。

運動と認知症の関連

適度な運動は身体と脳神経の機能を改善し、軽度認知障害やアルツハイマー型認知症、その他全ての認知症の発症リスクを明らかに低下させます。高齢者やアルツハイマー型認知症患者の脳では、脳血流の低下がみられており、脳血流の改善のためにも運動が効果的であると考えられています。

生活習慣病への対策

生活習慣病の予防が、認知症の発症を遅らせることもわかってきました。糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病は、脳血管性認知症の危険因子であり、糖尿病患者では2倍、高血圧患者では3倍もアルツハイマー型認知症の発症率が上昇するといわれています。運動をして生活習慣病対策をすることや、社会参加による社会的孤立の解消や家庭内の役割の保持など生活に張り合いをもつことで、結果として認知症予防にもつながることが期待できます。

効果的な運動

コグニサイズ

運動しながら頭の体操をしましょう

例:「歩きながら引き算をする」「しりとりをする」など行ってみて下さい。

有酸素運動

●散歩をしましょう。背筋をのばし、しっかり前を向いて、大きく手を振りましょう

●週3回以上30分以上の運動が理想的です

生活上の工夫

無理なく生活の中で運動を取り入れましょう

例:ながら運動をする(踵上げやスクワット、足踏みなど)。

・テレビをみながら

・家事をしながら

・歯を磨きながら …など

例:エスカレーターではなく階段を使う。歩幅を広くして歩く。

社会との関わりを持ちましょう

例:ボランティア活動、趣味活動、家事の継続、家庭内の役割の維持

ポイント

運動は続けることが重要です。無理のない範囲から運動をはじめるようにしてください。

体の不調がある場合は無理しないで、主治医の先生と相談の上、行ってください。

知多厚生病院「知ったより」2022年4月号より再掲

病院基本情報

住所/愛知県知多郡美浜町大字河和字西谷81-6

電話番号/0569-82-0395(代表)

診療科/全25科

受付時間/予約のない方:平日8:15~11:40

※一部専門外来と午後の診療は予約診療のみの対応となります。詳しくは当院ホームページ診療担当医表をご参照ください。

JA愛知厚生連 SNS

SNSで皆さんの生活に役立つ
医療・健康情報をお届けしています。

  • Instagram
  • facebook
  • LINE 公式アカウント