専攻医                                      

[平成30年度 江南厚生病院 専門研修専攻医募集要項]

 【当院が基幹施設となっているプログラム】

平成30年度 江南厚生病院 内科専門研修プログラム

専攻医募集要項  ※内科専門研修募集要項のダウンロードはこちら【PDF】


◆プログラム概要

 江南厚生病院 内科専門研修プログラム【PDF】

  研修期間:3年(プログラム内での最低6ヶ月の異動を含む)

  専門研修施設群:

基幹施設 愛知県厚生農業協同組合連合会 江南厚生病院
連携施設 愛知県厚生農業協同組合連合会 豊田厚生病院
社会医療法人 名古屋記念財団 名古屋記念病院
国家公務員共済組合 東海病院
社会医療法人 財団新和会 八千代病院
愛知県厚生農業協同組合連合会 安城更生病院
名古屋大学医学部附属病院
特別連携施設 愛知県厚生農業協同組合連合会 足助病院

◆応募資格

 厚生労働省の定める2年間の初期臨床研修を修了した医師、または平成30年3月に修了見込みの初期研修医

 ※応募される方は、事前に病院見学をお願いします。また、将来専攻するSubspecialtyが決まっている方は、当該診療科の代表部長と当プログラムへの応募について相談されることをお勧めします。Subspecialtyが決まっていない方も応募可能です。プログラム統括責任者(副院長 河野彰夫)にご相談ください。


◆募集定員

 10名(連携施設で専門研修を開始する専攻医を含む)


◆応募期間と選考試験(日本専門医機構の定めるスケジュールに従います)

 一次登録:平成29年10月10日~11月15日(予定)
 試験日程:平成29年11月16日以降随時(応募者と相談にて決定)
 試験方法:面接
 採否決定:平成29年12月1日~12月15日(予定)応募者に直接通知します。
 二次登録:平成29年12月16日~平成30年1月31日(予定)
 試験日程:平成30年2月1日以降随時(応募者と相談にて決定)
 試験方法:面接
 採否決定:平成30年2月15日~2月28日(予定)応募者に直接通知します。


◆必要書類

 1.江南厚生病院内科専門研修プログラム専攻医申込書(兼履歴書)【PDFWord

 2.医師免許証写し  
 3.保険医登録票写し  
 4.初期臨床研修修了証(修了見込証明書)  
 5.健康診断書(現勤務先のもので可)

 ※上記書類を平成29年11月15日までに下記(連絡先・問い合わせ先)に提出してください。郵送の場合は書留でお願いします(締切日必着)。


連絡先・問い合わせ先

〒483-8704
愛知県江南市高屋町大松原137
愛知県厚生農業協同組合連合会 江南厚生病院
TEL:0587-51-3333 FAX:0587-51-3300
 企画・教育研修室 臨床研修担当 奥村・冨田

【当院が連携施設となっているプログラム】

募集診療科

基幹施設

募集定員

内科領域 愛知県厚生農業協同組合連合会 豊田厚生病院
名古屋大学医学部附属病院
小児科領域 名古屋大学医学部附属病院
藤田保健衛生大学病院
若干名
外科領域 名古屋大学医学部附属病院
名古屋医療センター
小牧市民病院
一宮市立市民病院
若干名
整形外科領域 名古屋大学医学部附属病院 若干名
産婦人科領域 名古屋市立大学病院 若干名
眼科領域 名古屋大学医学部附属病院 若干名
耳鼻咽喉科領域 名古屋市立大学病院 若干名
泌尿器科領域 名古屋市立大学病院 若干名
放射線科領域 名古屋市立大学病院 若干名
麻酔科領域 愛知医科大学病院
藤田保健衛生大学病院
若干名
病理科領域 名古屋大学医学部附属病院
名古屋市立大学病院
若干名
救急科領域 名古屋市立大学病院
愛知医科大学病院
岐阜大学附属病院
若干名

※募集定員は基幹病院との調整による。

 ※各領域への応募については、当院の当該診療科代表部長またはぞれぞれの基幹施設にお問い合わせください。

[専攻医研修カリキュラム]準備中

 ※現在、平成28年度のカリキュラムを掲載しています。

 下記の表からご覧になりたい診療科を選んでクリックしてください。(PDFで開きます)


  • 呼吸器内科
  • 消化器内科
  • 循環器内科
  • 血液腫瘍内科
  • 血液腫瘍内科
  • 内分泌糖尿病内科
  • 小児科
  • 外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 放射線科
  • 病理診断科
  • 麻酔科