専門・認定看護師のご案内                                      

 当院には11分野の専門看護師・認定看護師がいます。
専門看護師とは、専門的な知識と技術をもち、患者さんが自ら病気と向かい合っていけるように支援させていただいたり、倫理的な視点で問題を解決する糸口を見つけたり、医療者と患者さんの関係やご家族と患者さんとの関係などの調整、看護師の教育や研究を行う看護師のことを言います。
 認定看護師とは、専門的な知識と技術によってケアを実践したり、看護師や患者さんが問題を解決していけるよう支援する看護師のことを言います。
医療者向け専門・認定看護師看護師紹介はこちら

各専門分野の専門・認定看護師紹介

がん看護専門看護師

祖父江正代
祖父江正代

宇根底亜希子
宇根底亜希子

 がんに関する治療はここ数年でかなり進歩して治ることも可能になってきましたが、「がん」と診断されると「今後、どうなるのだろうか?」という不安が強くみられる方が多いです。がん看護専門看護師は、「がん」と診断された方々ならびにご家族の方の治療への不安や迷い、病気からくる体の症状や心の落ち込みなどに対するさまざまなケアを行うことを役割とする看護師です。がん化学療法や放射線治療を受けている患者さんの副作用や、緩和ケアチームや緩和ケア病棟、緩和ケア外来でがんからくる症状による身体や心の辛さを和らげるための支援をさせていただいています。多くの方に少しでも安心して治療やケアを受けていただけるよう お手伝いさせていただきたいと思っています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

祖父江正代
祖父江正代

馬場真子
馬場真子

楓淳
楓淳

 皮膚・排泄ケア認定看護師は床ずれや糖尿病による足の皮膚トラブルなど傷に関するケアや、ストーマ(人工肛門や人工膀胱)を造られた方の皮膚や日常生活、心の悩みなどのケア、便や尿の漏れに関するケア、皮膚の乾燥やむくみなど皮膚と排泄にまつわるケアを専門的に行う看護師です。普段は、ストーマを造られた方が手術の前と同様に変わりなく日常生活を送れるために、手術前から退院後にわたってお手伝いさせていただいています。また、入院中あるいは退院された患者さんに床ずれや、テープ・便や尿の接触などによる皮膚のかぶれなどができないよう、病棟看護師や訪問看護師などとともに予防的なケアをさせていただいています。
 多くの患者さんが安心して入院生活あるいは日常生活が送れるよう、他の看護師とともに協力して環境作りを させていただきたいと思っています。

緩和ケア認定看護師

田中佳恵

田中佳恵

 がんと共に歩んでいる患者さんは、病気の影響や治療の副作用などによって痛みや吐き気、体のだるさなどの身体のつらさだけではなく、気分の落ち込みなどの心のつらさを経験することがあります。また、ご家族も患者さん同様に心のつらさなどを経験することがあります。そして、それらのつらさは自分らしく日常を過ごすことにも影響を及ぼします。緩和ケア認定看護師とは、その人らしく生活できるように、患者さんやご家族が抱えている辛さを和らげるケアを提供していくことを役割とする看護師です。患者さんやご家族に寄り添い、一緒に考えながら、抱えているつらさを和らげ、その人らしく生活する、大切な時間を過ごすためのお手伝いをさせていただきたいと思っています。

がん化学療法認定看護師

豊村美貴子

豊村美貴子

 最近では、抗がん剤治療やホルモン療法を通院で行う方法が主流になってきました。がん化学療法看護認定看護師は、抗がん剤やホルモン療法を受けている患者さんが副作用による身体の辛さや心の辛さを自分でもうまく対処しながら、治療が継続できるようにお手伝いさせていただくことを役割とする看護師です。
 また、抗がん剤治療やホルモン療法が安全に行われるように管理することも行っています。主に外来化学療法センターに通院されている患者さんのケアを担当しています。少しでも安心してがん治療を受けていただけるようお手伝いさせていただきたいと思っています。

がん性疼痛看護認定看護師

高倉梢
高倉梢

 がんによる痛みはがんと診断される前からみられることが多く、がん患者さんの70%が経験するといわれています。がんによる痛みは、不眠や食欲低下、体重減少、疲労感などの身体的な苦痛だけでなく、不安や怒り、悲しみ、恐怖、気力の低下など精神的な苦痛にもつながります。また、家や会社などの社会的な役割にも影響を及ぼす場合もあります。このように、「自分らしく暮らしたいと思ってもがんによる痛みなどの苦痛により自分らしく過ごせない」というつらさをできる限り軽減し、その人らしく過ごせるよう支援するのが、がん性疼痛看護認定看護師の役割です。がんによる痛みは、「麻薬」などの鎮痛薬を適切に使用することでコントロールできると言われています。しかし、医療用であっても『麻薬』という言葉に対する抵抗を感じたり、「依存しておかしくなったらどうしよう」といった不安を感じたりする方も多くいらっしゃいます。そういった不安を軽減し、痛みと上手く付き合っていけるよう一人一人にあった方法を探しながら闘病を支えていけるよう、お手伝いさせていただきたいと思っています。

訪問看護認定看護師

伊藤裕基子
伊藤裕基子

 訪問看護認定看護師は、療養生活をこれから始めようとしている人、またはできるだろうかと悩んでいる人に対して、在宅生活の安定と実現を目指した援助・支援を行う在宅ケアを専門領域とする看護師です。主治医を始めとする医療スタッフ、関係機関との調整を行いながら、その人らしく療養生活できるよう支援させていただきます。また退院後の療養先に関してのご相談も受けております。

感染管理認定看護師

仲田勝樹
仲田勝樹

大城和人
大城和人

大城和人
中野千恵

 感染管理認定看護師は、病院内において様々な感染症の発生を少なくすることで、医療の質の向上を図り、院内の全ての人(患者さんおよび家族の方、面会者、医療従事者)を感染から守ることを役割としています。
 そして、感染対策を効果的・効率的に実践するために常に院内全体を見渡し、当院の状況にあった感染対策を考え、行うようにしています。感染対策は、医療従事者のみが行っても不十分です。患者さんおよび家族、 面会者の方々も含めて正しい感染予防の知識を持ち、行うことが大切です。そのため、患者さんや家族、面会者の方々も含めて、感染対策に関する正しい情報を提供したいと思います。そして、病院内だけにとどまることなく、日常生活における感染予防についてなども含め、地域住民の皆様と患者さんをサポートしていきたいと考えています。

手術室看護認定看護師

高橋育代
高橋育代

 

 

 

 手術看護認定看護師は、安心して手術が受けられるように支援させていただくことを役割としています。 手術を受けられる患者さんは、手術前から大きな不安を抱えています。手術前に訪問を行い患者さんがより安心して手術が受けられるように患者さんの声に耳を傾けサポートさせていただきます。また、手術中には、手術の姿勢で無理がかからないように、患者さん個々の身体に合わせた一番よい姿勢を整えたり、手術中の痛みなど患者さんの苦痛を緩和したりして安全・安楽な手術ができるよう医師とともに協力しています。さらに、肺炎や傷の感染などの合併症が術後に起こらないように感染予防にも努め、患者さんの術後の回復をお手伝いさせていただきます。

小児救急看護認定看護師

上田みずほ

上田みずほ

 小児救急看護認定看護師は、自ら症状を確実に訴えることのできない子どもが発するサインを読み取り、判断し、適切な援助が行われるよう対応することと、子どもが健やかに成長発達していけるよう、家族への育児支援や、子どもの事故予防に関して情報を提供していくことなどを役割とする看護師です。病院に来た子どもの言葉に耳を傾け、健康回復を支援するとともに、病院で行われるさまざまな行為に対し、子ども自身が「頑張った」と思えるような関わりを大切にしています。地域のみなさんが安心して子どもを産み、育てていけるよう、他の看護師とともにお手伝いさせていただきたいと思っています。

慢性心不全看護認定看護師

山田さおり

山田さおり

 慢性心不全看護認定看護師は、心不全や心筋梗塞・狭心症・不整脈など心臓の病気を抱える患者さんとそのご家族のケアを行う看護師です。患者さんの入院中の身体面・精神面のケアはもちろん、心不全の状態を医師や薬剤師などを含めた医療チームとともに考え、患者さんに合わせた生活が送れるよう支援を行う役割があります。また症状を和らげる為の支援やご家族の精神面へのケアをしながら、退院後の生活のための相談や病気に関する情報提供を行います。また必要に応じて医療スタッフや介護スタッフと共に退院前面談を行い、退院後の生活のサポートをさせていただきます。

救急看護認定看護師

上田みずほ

鈴木千恵

 救急外来には突然、もしくは急激に、体調不良を感じた患者さんが訪れます。多くの患者さんは、救急外来を受診しなければならない事態が起きるとは思っていません。また、一刻の猶予もない場合や外出先で体調不良になった場合に、患者さん自身が病院を選べないこともあります。
 このような状況下で、不安を抱えて来院された患者さんやご家族のケアを担当するのが救急外来の看護師です。なかでも救急看護認定看護師は、患者さんの状態を適切に判断し、診療における優先順位の決定、状況に応じた迅速な救命処置を行うことを役割としています。また、患者さんだけではなく、ご家族が抱えている不安を受け止め、支えていくことも役割としています。生命の維持を援助するだけにとどまらず、回復後の生活の質を見据え、患者さんの『生きていくこと』、『活きていくこと』を患者さんが来院された時から、サポートさせていただきたいと思っています。