院長ごあいさつ                                      

院長ごあいさつ

 当院は尾北の地域医療を70有余年にわたり担ってきた愛北病院と昭和病院が統合し、平成20年5月に開院しました。先輩方が築き上げてきた信頼に加えて、東南海大地震に耐えうる免震構造の病院建物と高度先進機器を備え、1300余名の献身的に働く職員の不断の努力や皆様方の温かいご支援によりこの地域の中心的病院として発展してきました。
 専門医療体制として、こども医療センター、地域周産期母子医療センター、救命救急センター、血液細胞療法センター、循環器センター、内視鏡センター、透析センター、脊椎脊髄センター、外来化学療法センターなどを有し、積極的に高度な最先端の治療を行っており、この地域にとどまらず近隣からも多数の患者さんを受け入れています。
 また、地域医療福祉連携部門では、地域の皆様が適切な医療・介護・福祉を受けて安心して生活ができるように様々な相談に乗り、地域の診療所・病院・福祉施設との連携等の支援を行っています。さらに、健康管理センターでは、病気の早期発見、予防医療や保健指導を行い、健康寿命を延ばす活動を行っています。
 高齢者の増加に伴い、病院を取り巻く環境は変化しており、国は急性期医療重視から地域における医療と介護を一体して提供する体制整備(病院完結型から地域完結型)を進めています。この先医療需要は、少子高齢化により2025年頃までは増加することが想定されますが、医療政策により病院規模の拡大が困難なことから、増加する患者さんを一病院で診ていくことが難しくなります。地域完結型の医療を考えた時に、地域の病院で病気を治すだけでなく、自立して生活できるように患者さんを支える機能が求められており、病院を4つの機能(高度急性期機能、急性期機能、回復期機能、慢性期機能)に分化して、病院・診療所・福祉施設等が相互に連携することで、病気の発症から治療、在宅療養まで、切れ目なく医療をつなぐ体制が必要となります。
 当院は尾北地域の唯一の大規模病院であることから、高度急性期機能と急性期機能(急性期・高度専門医療)を中心として、専門化した各診療科の連携を深めて、患者さんに十分な説明を行い、同意を得た上で安全確実な医療を提供し、地域の皆様の期待に応えることができるように努めてまいります。そして職員一同が強い倫理観のもとに、医療人としての誇りと情熱を持ち、患者さんと力を合わせて、より質の高い医療の提供をめざしていきます。
 これからも地元行政、地域の医療機関・福祉施設等との連携をさらに強化し、地域が必要とする医療を実践することで、尾北の地の地域医療を守り抜く努力を続けていきますので、今後とも温かいご理解、ご支援を心よりお願い申し上げます。