江南中部地域包括支援センター                                      

江南中部地域包括支援センター

     江南中部地域包括支援センター は、江南市から委託を受けた公的な高齢者の相談機関です。
     65歳以上の方の総合相談窓口になっています。相談無料なので気軽にお電話ください。訪問相談も行っています。
     地域包括支援センターは、江南市内に3ヶ所設置されていて北部・中部・南部で担当地区が分かれています。
イメージイラスト
中部の担当地区
赤童子町(大間、栄、桜道、白山、良原以外)
石枕町、尾崎町、北野町、古知野町、山王町
高屋町、野白町、飛高町、前野町、宮後町、前飛保町(緑ケ丘、藤町)、 江森町、山尻町

ご案内

場所 江南厚生病院 外来2階(外来エレベーター横です)
主な業務内容

公正中立の立場で高齢者に関する相談を行います。
・ 介護保険利用についての相談
・ 介護予防サービス利用のお手伝い
・ 体やこころ(認知症等)の介護の相談
・ 介護状態になることを予防するための相談 
・ 高齢者の虐待(疑いも含む)についての相談 (通報者の秘密は必ず守ります)
・ 悪徳商法についての相談    など

相談の内容

こんなときは担当の地域包括支援センターにご連絡ください。相談者の秘密は守ります。
「最近、物忘れをよくするけど認知症かしら?」
「隣の一人暮らしのお年寄りを最近見かけなくなったけど・・・」
「体がえらくなって、買い物に行けない。頼る家族もいない・・・」
「介護保険のサービスってどうやって利用できるのかしら?何があるのかしら?」
「見覚えのない請求書が来て困ってしまった・・・」
「近所からお年寄りを叱る怒鳴り声が聞こえる・・・」
「いけないと思っても、お年寄りをたたいてしまう・・・」


活動紹介

・家族介護教室
 →平成29年度家族介護教室案内チラシ(PDF)
 →家族介護教室の様子(PDF)
・出前講座
 →出前講座(PDF)
 →出前講座実施地域一覧(PDF)
・啓蒙活動
 →ふくし江南ふれあいまつり(PDF)
 →高齢者教室(PDF)
 →こうなん広報最新号『地域包括支援センターだより』(江南市ホームページ)

認知症の方や家族への支援

・認知症のことを知りたい
 →認知症サポーター養成講座(PDF)
 →一般向け認知症サポーター養成講座開催(PDF)
・認知症を介護している家族の方へ
 →江南認知症家族会(PDF)

江南市の地域包括ケアシステムづくりに向けて

     『地域包括ケアシステム』という言葉を聞いたことがありますか?
    団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けて、介護が必要な状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が、一体的に提供される仕組みづくりを『地域包括ケアシステム』と言います。
     今後、認知症高齢者の増加が見込まれることから、認知症高齢者の地域での生活を支えるためにも、地域包括ケアシステムの構築が重要となっていきます。
     江南市では、以下のような部会を設けて『地域包括ケアシステム』の構築を目指しています。

組織表


連絡先

    直通電話がございます。(24時間体制)
TEL 0587‐51‐3322
FAX 0587‐51‐3323
担当者 大森・蟹江(社会福祉士) 長谷川(主任介護支援専門員)
池野(看護師) 千葉(保健師) 横井・吉田(介護支援専門員)
イメージ写真
    地域包括支援センターは、江南市内に中部の他に北部と南部の2か所があります。
  • ○江南北部地域包括支援センター ℡0587-57-2155
     担当地区は、北部中学校区の山尻町、江森町以外の宮田中学校区です。
  • ○江南南部地域包括支援センター ℡0587-55-5470
     担当地区は、布袋中学校区、西部中学校区です。
    ※担当地区がわからない場合、いずれかの地域包括支援センターにご連絡いただければ担当をお知らせしますので、お気軽にご連絡ください。
    ※江南市以外にお住まいの方については、お住まいの市町村役場にお問い合わせください。