PET CT PET-CTパンフレットはこちら

PET CT 93,000 円 (税込み)

検査項目 内容
CT検査 全身CT・(電子画像管理)
PET検査 「FDG」 静脈内注射
備考 当日検査をキャンセルした場合、「FDG」はその性質上、
廃棄処分扱いになりますので、薬剤料金¥49,680 を自己負担していただきます。
ご注意ください。

 

PET CTとは

 「PET」はPositron Emission Tomographyの略で、「ペット」と発音します。アイソトープ検査の一つで、陽電子という放射線を出す薬を血管に注射して撮影します。しかしPETだけでは臓器がわかりにくいので、同時にCTも撮影し、「PET」と「CT」の画像を合成して診断しやすくしたものが「PET-CT」です。

どうして、がんの早期発見に優れているのか?

 人間の細胞は「ブドウ糖」をエネルギーとしています。がん細胞は正常の細胞より、約3〜8倍のブドウ糖を消費します。 FDGという特殊なブドウ糖を注射すると、正常細胞よりも、がん細胞に多く集まります。FDGから出る放射線を撮影することで、小さながんを見つけることができます。

PET CTとは

 がんの早期発見への第一歩は 「PET-CT検査」です。 高性能の装置を使った 江南厚生病院の PET-CTでの検診を おすすめします。

江南厚生病院の「PET-CT検査」は ここが違う!

 江南厚生病院では最新鋭のPET-CT装置を導入しました。 従来の装置では呼吸の動きで病変がボケてしまいますが、江南厚生病院の装置には「呼吸同期システム」があり、病変をはっきり撮影できます。

Q&A

Q1. すべてのがんが見つかりますか?

A1. すべてのがんが見つかるわけではありません。 診断が得意ながん、不得意ながんがあります。

 






















PET-CT
バリウム検査            
内視鏡検査            
便潜血反応                
超音波検査        
マンモグラフィー              
CT    
PSA                

◎: かなり有効  〇: 有効  ▲: 有効な場合もある

 


























PET-CT
バリウム検査            
内視鏡検査            
便潜血反応            
超音波検査            
マンモグラフィー              
CT  
PSA            

◎: かなり有効  〇: 有効  ▲: 有効な場合もある

 

Q2. 放射線の影響はありますか?

A2. PET-CT検査の被ばくは、胃のバリウム検査より少なく、健康上の問題はありません。被ばく量の比較は下の図をご覧ください。

Q3. 薬の副作用はありますか?

A3. PET-CT検査で使用される薬剤「FDG」はブドウ糖の一種であり、副作用はありません。またFDGが放射線を出している時間は非常に短く、すぐに尿から排泄されますので、ご安心ください。