6階西 脊椎・脊髄センター・整形外科                          

6階西病棟は脊椎脊髄センター・整形外科病棟で、手術を対象とした患者さんが多く入院され、近隣の病院からの紹介も多いです。
平成27年は入院患者数973名、病床稼働率94.7%、平均在院日数14.6日、年間手術件数は882件(全身麻酔441件・全身麻酔以外441件)です。脊椎脊髄疾患の手術は、その特殊性から長時間におよぶ術式もあり、術後は異常の早期発見に努めています。リハビリ期には理学療法士と連携し、日常生活動作の向上に努めています。また患者さんやご家族の意向を確認しながら、MSWをはじめ他職種とのカンファレンスを実施し円滑な退院支援をめざしています。
休日にはリフレッシュし気持ちを切り替え、仕事では患者さんやご家族が安心して治療・看護を受けることができるように、心に寄り添う看護をめざしてスタッフ一同頑張っています。

 

写真:脊椎脊髄病センター・整形外科

写真:脊椎脊髄病センター・整形外科

写真:脊椎脊髄病センター・整形外科