救命救急センター/HCU                           

H27年11月より救急救命センター/HCUとなり、尾張北部医療圏の3次医療を担っています。HCUは3階の西側でICUと隣り合わせに位置しており、個室4部屋、4人床3部屋2人床2部屋の20床で稼働しています。人工呼吸器管理や緊急手術、緊急カテーテル術、緊急透析などの重症度の高い患者さんや、脳出血、重症肺炎、心不全、腎不全など診療科を問わず、様々な科の急性期重症患者さんの看護を提供しています。
患者さんにとって、身体的・精神的苦痛が一番強い急性期を過ごされる救急救命病棟で、私たち看護師は少しでも患者さんやご家族の近くに寄り添い、不安や苦痛の軽減と迅速で的確な対応が出来る様に努力しています。患者さんの入院・転棟が激しく、短期間の関わりとなってしまう事がほとんどですが、生命も脅かす状況から早期回復に向けた看護や、辛い状況にある患者さんへの関わりを、ご家族の思いを共有しながら考え実践していく看護にやりがいを感じています。スタッフ一丸となって地域に貢献できる救急医療・看護を提供して行こうと頑張っています。

 

写真:救命救急病棟

写真:救命救急病棟

写真:救命救急病棟