救急外来                          

当院の救急外来における年間の救急外来受診者数は約29,000件前後、そのうち、年間6,000件~6,500件の救急搬送患者を受け入れています。H27年2月より、救急専門医の竹内医師が常勤となり、H27年11月より救命救急センター指定を受け第3次医療を担う病院となりました。脳卒中、心筋梗塞、脊椎損傷、消化管出血などさまざまな重篤患者の救命に対応出来るよう医療機器の整備と知識、技術、看護力を高め、活用出来る土壌作りと、多種の医療関係者が専門性を活かし、連携・協働しあえる現場作りを積極的に行っています。また、受診された患者さんやそのご家族の大きな不安と苦痛に配慮ある対応ができ、少しでも安心していただけるよう、心ある看護実践に心がけています。

 

写真:血液細胞療法センター

写真:血液細胞療法センター

写真:血液細胞療法センター