6階南 混合病棟                          

6階南病棟は泌尿器科・腎臓内科・皮膚科の53床の混合病棟です。泌尿器科では手術療法や化学療法を受ける患者さんが多く、家族も 含めて安心して治療が受けられ、早期退院できるような支援を行っています。尿路変更術を受ける患者さんへは皮膚排泄ケア認定看護師と連携し、ストーマケア の指導にあたっています。腎臓内科では慢性腎臓病患者さんの生活指導を始め、透析導入前後の指導を主に行っています。透析療法の中でも腹膜透析は患者さん の自己管理や家族の支援が重要です。透析センターや他職種との連携を図り安心して退院できるよう支援を行っています。皮膚科では痛みを伴う処置も多いの で、医師と連携し痛みに配慮した処置を実践しています。
忙しい毎日ですが、スタッフ38名笑顔を絶やさず患者さんの思いにより添った看護を心がけています。

 

写真:混合病棟

写真:混合病棟

写真:混合病棟