教育体制                          

概要

1)教育理念

  • 愛知県厚生連看護部理念に基づき、信頼と満足の得られる誠実な看護が提供できる看護者を育てる。
  • 看護者個々のキャリア開発を支援し、職務満足を追い求めることができる教育的環境を提供する。

2)教育方針

  • 理念に基づき、必要な知識と技術を習得し、豊かな感性で時代のニーズに合った質の高い看護を提供できる看護師育成を行なう。
  • 一人ひとりが看護の満足感・達成感・やりがいを持って主体的に活動できる看護師を育成する。

3)活動内容

  • クリニカルラダー研修会
    ビギナー、レベルⅠ、レベルⅡ、レベルⅢ 各レベルの研修会
  • クリニカルラダー外研修会
    (1)新採用者オリエンテーション
    (2)パート研修会(年2回)
    (3)固定チームナーシング研修
    (4)教育研修
      チューター研修、実地指導者研修、教育担当者研修
    (5)院外研修参加者による伝達講習会
  • 認定看護師による研修会予定(年3~4回)
  • 認定/専門看護師によるエキスパートナース研修
  • 看護管理者研修(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ)
  • 看護過程支援者ゼミ(初級・中級・上級)
  • 認定静脈注射ナース(Ⅳナース)研修
  • 各委員会主催の研修会
    看護記録委員会、看護研究委員会ほか
  • BLS講習会

4)院外研修

 院外研修の参加費・宿泊費・交通費は全額支給されます。
今年度も日本看護学会およびその他の学会出張、日本看護協会・愛知県看護協会およびその他の教育研修や研究会・講習会などに参加予定です。(希望者多数の場合は院内選考あり)
認定・専門看護師の取得など長期間にわたる研修は受講費・実習費等が支給されます。

5)学会発表

学会発表の参加費・宿泊費・交通費は全額支給されます。
過去実績:専門看護師・認定看護師による学会発表(日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会、日本医療機器学会ほか)看護師による学会発表(愛知県看護研究学会、農村医学会、愛知県厚生連看護師会ほか)

6)図書

 看護部としての予算があり、必要に応じて図書・雑誌を購入します。各部署または図書室で閲覧することができます。

日程表