薬剤部                                      

 『薬剤部』は、江南厚生病院で使用する薬品や医療材料に関わる業務全般を行っています。患者さんが服用したり使用したりする薬の調剤、治療に使用する注射薬の調製・個人セットや医療材料等の供給が業務の柱となっています。その中で、「患者さんに安全かつ有効な治療を受けていただく」ことを基本的な姿勢として、業務に取り組んでいます。

調剤係

調剤

 外来の患者さんや入院している患者さんの薬を調剤する業務を行っています。薬の調剤のみならず、外来患者さんに対して、吸入薬の使用方法の説明・自己注射手技の説明・抗ガン剤の説明等を「お薬相談室」にて行っております。服用間隔の必要な薬や、副作用モニターの必要な薬のチェックも行っています。 薬に関することで、困ったことがありましたら、「医事カウンター」12番の「お薬コーナー」で、気軽に声をかけてください。


調剤 調剤

調剤 調剤

注射薬調剤

注射薬調剤  入院されている患者さんに使用する注射薬の個人セットを行っています。医療安全のため、注射薬の個人セットが、推奨されています。当院では、入院患者さん全員を個人セットの対象としています。

製剤

 当院では抗がん剤による治療は登録制となっています。薬剤師が、登録されたパターンにもとづいた医師の指示の投与量・投与間隔をチェックしています。また、抗がん剤の点滴を薬剤師が調製しています。  また、治療に必要だが市販の薬品がないものを調製する、調剤で使用する薬品を予め混合するなどの業務を行っています。


製剤 製剤

医薬品管理係

医薬品管理

 医療では、治療の必要に応じて、法的規制の厳しい医薬品を使用することもあります。医薬品管理係はそれら医薬品が適正に使用されるように管理を行い、医療事故や盗難事故等の防止にも努めています。

医療情報係

システム管理

 江南厚生病院では、電子カルテを導入しました。その薬剤に関するマスターデータのメンテナンスや、薬剤部で使用しているLANシステムの管理・マスターメンテナンス等を行っています。

医薬品情報

医薬品情報  病院で採用している医薬品に関しての 情報を集めて、院内に提供することを行っています。医師・看護師・薬剤師等の業務を支援する業務のひとつです。とくに新しい情報(副作用や相互作用等)は、医療現場では重要です。

治験係

 医療の進歩とともに、新しい薬が世の中にでてきています。よりよい薬物治療のためには発売の前後に、その薬の安全性や有効性を検証することが、求められています。それらを総称して「治験」と呼んでいます。当院で行われる治験が、スムーズかつ適正に行われるように支援する業務を行っています。

患者さんへ

 当院では、健康ボランティアの方を対象とした治験は行っておりません。

・当院で実施中の治験
 現在は実施しておりません。

製薬会社の方へ

 各種申請書式・契約書等、治験に係わる手順書は治験管理室で電子媒体にてお渡しします。ご連絡下さい。

※治験審査委員会の手順書、委員名簿などについては、治験管理室にて公開してお ります。

治験に関するお問い合わせ先

江南厚生病院 薬剤部 治験係 治験管理室
電話0587-51-3333(代表) 内線2730 または5211(冨田)

病棟業務係

服薬指導 服薬指導

 入院患者さんが治療を受けていく過程で、点滴を受けたり、薬を服用したり使用したりします。それらの薬について、薬剤師が、薬効や副作用等を説明したり、副作用のチェックをしたりしています。また、薬の相互作用や持込薬のチェックも行い、 週20時間以上の病棟薬剤業務を実施しています。他方、外来がん患者さんには別途、指導も実施しています。

中央滅菌係

 江南厚生病院では、医療材料・器具は極力ディスポ製品を使用し、医療安全につとめています。繰り返し使用する医療器具については、院内のものをこの部署に集めて、効率的かつ的確に滅菌処理を行っております。


中央滅菌係 中央滅菌係

供給係

薬品・医療材料の供給

 薬剤部供給課で使用する薬品はもとより、病棟や外来等で使用する薬品や医療材料の的確かつタイムリーな供給を行っております。また、病棟で使用するリネン類や医療器具の配送・回収もおこなっており、病院の物流の要となっています。

用度品の供給

 病院で使用する消耗品(白衣、タオル、A4用紙やプリンタのトナー、文房具、ノートなどさまざまなもの)を院内の需要に応じて、購入し払い出しています。配送は薬品・医療材料と統合して行っています。


専門・認定薬剤師の育成、薬学部学生の教育

 各分野における専門薬剤師の認定制度が薬剤師会、学会などにより推進されております。ジェネラリストとしての資質の担保はもとより、さらなる専門性が求められていることから、各分野の専門・認定薬剤師の育成にも力を注いでおります。また、6年制薬学部学生の実習を受け入れており、学生の指導、教育にも携わっております。

≪認定・専門・指導≫

 施設内外で必要とされる質の高い専門性を発揮する薬剤師を育成

医療薬学会 認定薬剤師 4名
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 2名
日本医療薬学会 がん専門薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 3名
日本病院薬剤師会 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師 12名
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 1名
日本糖尿病療養指導士資格取得薬剤師 1名
日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム(NST)専門療法士 3名
日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師 3名
日本薬剤師研修センター実務実習指導薬剤師 5名
日本薬剤師研修センター漢方薬・生薬認定薬剤師 2名
日本医療情報学会 医療情報技師 1名
日本リウマチ財団リウマチ登録薬剤師 1名
日本骨粗鬆症学会 骨粗鬆症マネージャー 1名

≪研修施設認定≫

 各種研修施設認定を取得し、将来の認定・専門薬剤師取得を目指せる環境を整備

日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 研修施設

 平成29年9月現在


新任薬剤師 就職後のながれ

 1年間で薬剤科内の仕事をマスターし、2年目より病棟活動の開始を目指します。

新任薬剤師 就職後のながれ 

病院薬剤師のとある1日

 調剤や注射調製、病棟活動などの各種業務を日毎にローテーションして担当していきます。

病院薬剤師のとある1日