退院支援は、わたしのやりがい。

  1. トップページ
  2. こんなにいろいろ! ワークスタイル
  3. > 社本 美久

社本 美久

患者さんの想いも家族の想いもどちらも大切に。

2015年から開設された「地域包括ケア病棟」。ここではケアとともに、自宅へ帰るための準備を看護師が担います。
誰だって住み慣れた自宅に帰りたい。しかし、入院前と同じ状態で退院できる方ばかりではありません。トイレの介助が必要な方、車椅子で生活をする方など、ご自宅で生活するためにさまざまな調整が必要になります。看護師だけでなく、医師やリハビリスタッフ、MSWと一緒に、チームで「どうしたらご自宅へ帰れるか」を考え、協力し、あらゆる手を尽くします。
患者さんの一番そばにいるのは看護師です。患者さんの想いを聞き、他のスタッフに伝える。時には、患者さんとご家族の話し合いに参加することも。しっかりと患者さんの話を聞くこと、情報収集が看護の基本だと改めて気づきました。この病棟の看護には、看護の基礎が詰め込まれています。

稲沢厚生病院
PAGE TOP