こんなにいろいろ! ワークスタイル

  1. トップページ
  2. こんなにいろいろ! ワークスタイル
  3. > 山本 翔子

山本 翔子

研修コースで得た知識が臨床につながる実感。

看護学校卒業後、JA愛知厚生連独自の「研修コース」で1年間勉強を続けました。認定看護師が指導してくれるので、エビデンスに基づいた内容は実践的で、刺激の多い毎日でした。
外科病棟に配属になり、研修コースで学んだ解剖学の知識がすぐに役立ちました。手術内容がイメージしやすく、術後の合併症を予測できますし、術後の看護ケアに活かすことができています。
看護師はずっと勉強し続けなければいけないと考えます。自信を持って患者さんのケアにあたるためには、知識が必要です。自信なさげな看護師では、患者さんを不安にさせてしまいますからね。最新の知識、技術の習得のために、医師に勉強会の開催を依頼したり、院外の勉強会に積極的に参加したりしています。

安城更生病院
PAGE TOP