こんなにいろいろ! ワークスタイル

  1. トップページ
  2. こんなにいろいろ! ワークスタイル
  3. > 大坂 真未

大坂 真未

あらゆる分娩に対応できるようになりたい。

高校生の時の職場体験で、生後2日目の赤ちゃんを見たことが、助産師になるきっかけに。助産師として経験を積むために、総合周産期母子医療センターのある安城更生病院を選びました。
1年目はとにかく勉強の日々。先輩はやさしく、ていねいに教えてくださいますが、それに甘えてばかりではなく、自分で勉強したことを先輩に確認していただいたり、わからない事があれば自分から聞きにいったりしていました。
ハイリスクな妊婦さんが多く、急変やシビアな状況にも直面します。まだまだ知識や技術が足らず、先輩にサポートしてもらっていますが、患者さんに「大坂さんに担当してもらってよかった」と言っていただけることがやりがいにつながっています。
まずは、一人前の助産師として、あらゆる分娩に対応できるようになることが目標です。その先は、分娩だけでなく、女性の人生すべてに寄り添うことのできる助産師になりたいと思っています。助産師は女性にしかできない仕事ですからね。

安城厚生病院
PAGE TOP