こんなにいろいろ! ワークスタイル

  1. トップページ
  2. こんなにいろいろ! ワークスタイル
  3. > 大矢 涼子

大矢 涼子

子育てと仕事の両立。周りのサポートがあってこそ。

看護師になって10年以上経ってからの出産。子どもができるまでは仕事中心の生活でしたが、出産後は子どもが最優先。1年間の育児休暇を取得し、娘の1歳のお誕生日当日から勤務再開。院内保育所に預けるため、娘と一緒に出勤しています。産休・育休前に所属していた部署に戻れるとはいえ、生活リズムを取り戻すまでは8:30~16:00までの時短勤務制度を利用しました。最初は泣いて離れなかった娘も、3ヶ月ほどで保育所に慣れ、私自身も仕事と生活のバランスが取れてきたので、日勤のみのフルタイムに変更。1ヶ月後には夜勤をスタートしました。日曜勤務の日は、ダンナさんが娘の面倒をみてくれています。
仕事に復帰して、大きく変わったことは時間の使い方だと思います。限られた時間内で、優先順位をつけながら仕事を進める。これは看護の仕事も、子育ても同じこと。どちらも一人ではできないことなので、周りのみんなと協力しながら、ママさん看護師を続けていきたいと思っています。

江南厚生病院
PAGE TOP