退院支援は、わたしのやりがい。

  1. トップページ
  2. こんなにいろいろ! ワークスタイル
  3. > 今野 純七

今野 純七

ドクターカーで現場に急行します。

救命救急における看護師の大切な業務のひとつが、疾患がわからない患者さんのアセスメントを進める“救急初療看護”です。
医師が何に着目しているか、どんな情報を得たか、その情報を共有し、スムーズな診療が行なえるように看護することが求められます。
ときにはドクターカーに同乗し、大事故の現場で“救急初療看護”を行うことあります。1分1秒を争う緊迫した状況の中で、医師や救急スタッフとともにアセスメントし、救命処置を行い、ご家族の不安の軽減に努めます。
緊張感が続く毎日ですが、患者さんの命を救うことは、何ものにも代えがたいものです。
今後の課題は超急性期という短い関わりの中で、いかに患者さんの気持ちを汲み取って、その思いに寄り添う看護ができるか。自分なりの答えを探していきたいと思います。

海南病院
PAGE TOP