平成27年度 稲沢厚生病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 486 100 127 170 141 218 447 842 777 300
平成27年度中に当院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計しています。
当院の入院患者構成は60~80歳代の患者さんが多数を占めており、高齢者の医療需要が高くなっている傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 255 22.49 14.34 3.92 79.54
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 94 38.71 21.69 10.64 84.9
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 54 3.46 3.07 0 70.13
最も多い症例が肺炎、2番目に多い症例が誤嚥性肺炎と上位2位は呼吸器疾患がを占めています。3番目に多い症例は狭心症に対して心臓カテーテル検査を行った症例となっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 148 4.88 6.31 1.35 2.72
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし 94 4.4 5.72 0 3.33
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 88 3.68 5.5 0 4.52
喘息・肺炎といった呼吸器疾患やウィルス性腸炎の症例が多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 21 2.95 4.53 0 70.29
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 14.48 9.17 0 62.48
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 定義副傷病 なし 17 6.06 5.56 0 43.29
症例数が多いものから順番に、結腸癌に対する化学療法を行う症例、イレウス、虫垂炎に対しの手術を行った症例となっています。また、集計条件に該当せず、リストに掲載されていませんが、鼠径ヘルニアに対し手術を行う症例が多くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 77 59.51 28.7 11.69 82.91
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 39 37.95 21.52 20.51 78.95
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 12 43.92 21.26 8.33 81.25
大腿骨頚部骨折、転子部骨折に対して骨折観血的手術を行った症例が最も多くなっています。2番目に多い症例は胸椎、腰椎の骨折の症例となっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 37 8.84 9.94 0 30.95
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 23 16.09 20.87 21.74 31.87
120140xxxxxxxx 流産 17 1.24 2.34 0 31.71
妊娠の判定と分娩までの管理、産後のフォローまでの周産期管理を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 55 32.87 15.8 14.55 76.93
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2 なし 15 7.6 6.3 0 72
160100xx99x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - 21.87 - -
脳卒中(脳梗塞・脳出血などの脳血管障害)・頭部外傷などに対して診療を行っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 36 8.06 5.31 0 61.97
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 29 5.14 5.53 3.45 38.34
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 16 6.19 8.2 0 14.38
めまいの症例が最も多くなっています。次いで急性扁桃炎があげられます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 34 11.82 12.6 0 70.09
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 定義副傷病 なし - - 14.09 - -
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 7.59 - -
尿路感染症や腎盂腎炎といった感染症が多くなっています。また、集計条件に該当せず、リストに掲載されておりませんが前立腺がんの疑いに対し生検を行う症例が多くなっています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 15 10.73 11.97 0 67
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 10 10.1 8.97 0 82.6
080250xx9701xx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 あり - - 49.34 - -
急性膿皮症の症例が最も多く、次いで帯状疱疹となっています。平成28年度より常勤医不在のため入院患者の受入を制限しています。
精神科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 - - 28.7 - -
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 9.18 - -
100391xx99xxxx 低カリウム血症 手術なし - - 12.76 - -
精神科は基本的にDPCの対象外ですが、合併症にて一時的に一般病棟に入院された症例を掲載しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 - - 8.62 - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.43 - -
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 - - 11.08 - -
集計条件に該当しないため、上記リストにはありませんが白内障に対し手術を行う症例が最も多くなっています。その他に緑内障、眼底疾患(糖尿病性網膜症、網膜剥離、黄斑変性症など)、ぶどう膜炎、角・結膜炎など眼科領域全体にわたり診療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 12 - 12 - - 23 1 7
大腸癌 16 - 28 20 11 33 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - 1 7
肝癌 - - - - - 51 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
罹患率の高い5つの癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)を病期(ステージ)ごとに集計したものです。平成27年度の実績では患者数としては大腸癌の患者さんが最も多く、次いで肝癌、胃癌の患者さんの順となっています。集計条件に該当しないため症例数が掲載されていませんが、乳癌の患者さんの手術・治療も行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 33 18.88 52.58
重症度 1 113 20.24 83.27
重症度 2 57 23.6 84.67
重症度 3 18 30.61 86.56
重症度 4 14 60.57 86.07
重症度 5 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことです。
患者さんの平均年齢ををみると、高齢になるほど、重症度は高くなっています。
当院の入院患者の最も多い症例が肺炎であり、重症度1~2の患者さんが多数を占めています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 21 7.1 71.29 0
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 77 37.84 79.05 22.08
その他 11 34.36 78.45 0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞では、ほとんどの患者さんが発症日から3日以内に治療を受けられています。脳梗塞治療では迅速に治療を行うことがその後の患者さんのADL(日常生活動作)に大きな影響を与えます。
また、脳梗塞治療において、リハビリテーションは脳梗塞の合併症・後遺症を防ぐために非常に重要です。当院には在宅や施設への復帰支援に向けた医療を行う地域包括ケア病棟、引き続き医療処置を必要としている慢性期の医療を行う療養病棟があります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 28 2.5 11.11 0 72.96
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 21 1.81 2.43 0 66.57
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 21 0.9 8.33 0 75.9
上部消化管出血や急性出血性胃潰瘍に対するの内視鏡的消化管止血術の件数が多くなっています。狭心症治療のための経皮的冠動脈ステント留置術(PCI)や肝癌治療のための血管塞栓術(TAE)も行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 43 0.3 2.47 0 63.7
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 27 1.3 6.41 0 61.22
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 11 0.82 5.18 0 41.64
鼠径ヘルニアに対する手術が最も多くなっています。次いで腹腔鏡を用いた胆嚢摘出術や虫垂切除術が挙げられます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 154 0.1 1.05 0 74.82
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) - - - - -
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - - - - -
白内障に対する水晶体再建術の件数が大多数を占めています。集計条件に該当せず症例数が掲載されていませんが、硝子体の手術も行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 65 3.32 54.62 10.77 83.2
K0462 骨折観血的手術(下腿) 等 24 2.88 31.42 4.17 62.63
K0811 人工骨頭挿入術(股) 17 6.71 49.76 17.65 78.59
大腿骨頚部・転子部骨折に対する骨折観血的手術(大腿)や人工骨頭挿入術(股)の件数が多くなっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 33 3.27 6.94 0 31
K877 子宮全摘術 18 1.11 8.39 0 52.28
K9091 流産手術(妊娠11週までの場合) 15 0.07 0 0 32.33
産科領域の帝王切開術の件数が最も多くなっています。また婦人科領域の子宮全摘術も行っております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 15 1 4.33 0 14.8
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡によるもの) 等 - - - - -
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -
若年者に対する扁桃腺炎に対する口害扁桃摘出術の件数が最も多くなっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 11 1.91 7.27 0 75.55
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) - - - - -
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) - - - - -
経尿道的尿管ステント留置術の件数が最も多くなっています。その他、膀胱癌や膀胱結石に対する経尿道的手術も行っています。
精神科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) - - - - -
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) - - - - -
精神科合併症の受入に対応しています。集計条件に該当しないため、患者数等の数字は掲載しておりませんが、入院中に行った手術を掲載しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
脳神経外科にて脳外傷等に対する手術を行っていませんが、脳梗塞にて入院中の患者に対し行った手術を掲載しています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上) - - - - -
K753 毛巣洞手術 - - - - -
K0134 分層植皮術(200以上) - - - - -
集計条件に該当しないため、患者数等の数字は公表していませんが、皮膚,皮下腫瘍摘出術や毛巣洞手術などを行っています。
平成28年度より常勤医不在のため入院患者の受入を制限しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 15 0.42
180010 敗血症 同一 11 0.3
異なる 20 0.55
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
医療の質向上のため、臨床上ゼロにすることはできませんが少しでも改善すべき項目として、4つの傷病名について公表しています。
【播種性血管内凝固症候群とは?】
本来出血箇所のみで生じるべき血液凝固反応が、全身の血管内で無秩序に起こる症候群です。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態です。入院後に発症している症例が多く、感染症が重症化するケースや基礎疾患が影響しているケースが多いと考えられます。
【敗血症とは?】 病原体が全身に波及したもので非常に重篤な状態です。無治療ではショック、DIC、多臓器不全などから早晩死に至る疾患です。感染症が重篤化し発症している症例が多くみられます。
【真菌症とは?】
真菌が種々の臓器に定着することに起因する感染症です。
【手術・処置の合併症とは?】
手術や処置をしたことで起こる病態を指します。合併症は、患者さんの状態によって引き起こされる確率は 様々です。臨床上ゼロにすることは難しいですが、細心の注意を払い対応しております。

当院では感染症の予防のため、感染制御チームによる院内巡視を定期的に行っています。
更新履歴