HOME 当院について 入院について 診療科・部門 アクセス
診療担当医表 人間ドック・健診 糖尿病教室 健康セミナー 採用情報 お問い合わせ
医学生の方へ 研修医日記 看護部 医療機関の方 リンク

広報紙銀杏

館内禁煙


病院見学のご案内

 学生の皆さん、先輩の姿を見てみませんか。
 稲沢厚生病院では以下の要領で見学を歓迎しております。是非お出かけください。
 病院見学の申し込みは、下記のダウンロードファイル(Word)に必要事項を記入の上、添付ファイルで送付先アドレスへご送信ください。なお、受付確認の返信をいたしますので、万一返信が届かない場合はご一報ください。ご不明な点は下記連絡先までお問合せください。

【病院見学申込書】

Ⅰ.注意事項

 ①日 時   
  月曜日から金曜日のうち、年間を通じて受け付けています。
  但し、祝祭日・8/15・年末年始を除く。(院内で宿泊しての2日間も可能です。お申し出ください。)
 ②希望科   
  内科、循環器内科、消化器内科、精神科、小児科、外科、整形外科、      
  脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、  
  放射線科、救急外来(夜間)
 ③持ち物   
  診察用具、白衣、学校で使用している名札(昼食は病院にて用意します)
 ④集合時間  
  午前8時30分
 ⑤集合場所
  稲沢厚生病院 南館4階事務室


Ⅱ.送付・連絡先

  JA愛知厚生連 稲沢厚生病院  総務課
  電話:0587-97-2131 FAX:0587-97-3633
  E-mail:somu@inazawa.jaaikosei.or.jp




▲このページのTOPへ

初期研修プログラム

Ⅰ.プログラムの名称:稲沢厚生病院卒後初期臨床研修プログラム(031681302)

Ⅱ.研修プログラムの理念と基本方針

  1. 理念
     本プログラムは、医師が医師としての人格をかん養し、将来専門とする分野にかかわらず、医学的及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身に付けたジェネラリストを育成する。
  2. 基本方針
    1. 2年間の研修期間中にほとんど研修場所をかわることなく、複数科の連携を研修する。また、急性期から慢性期の医療、保健活動の健診さらに介護について連続性を持って研修をする。
    2. 研修中に行われる教育的な行事(各科カンファレンス、症例検討会、読影会、スタッフのための教育講習会など)へ積極的に参加し、臨床医として必要な幅広い知識や技術の習得を目指す。

Ⅲ.病院の概要

  1. 名称
     愛知県厚生農業協同組合連合会 稲沢厚生病院
  2. 所在地
     〒495-8531 愛知県稲沢市祖父江町本甲拾町野7番地
     ℡ 0587-97-2131 FAX 0587-97-3633
     URL http://www.jaaikosei.or.jp/inazawa
  3. 病床数
     300床(一般153床、精神51床、療養50床(医療28床・介護22床)地域包括ケア病床46床)
  4. 診療科
     内科・循環器内科・消化器内科・糖尿病内科・神経内科・精神科・小児科・外科・整形外科・リウマチ科・
     脳神経外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻いんこう科・リハビリテーション科・
     放射線科・麻酔科(19科)
  5. 特色
     稲沢厚生病院は昭和20年に愛知県農業会尾西診療所として発足し、昭和23年愛知県厚生農業協同組合連合会尾西診療所となり、昭和26年に尾西病院となりました。
     昭和40年には現在の地に新築移転し、病床数323床の総合病院となりました。
     平成14年に病棟・診療棟を建て替えました。平成23年12月当地域のベッド数の見直しに伴い、精神科病床49床および療養型病床5床を削減し、地域住民の皆様の要望に応え、一般病床を31床増床しました。
     平成26年に東館建て替えを行い、平成26年11月に病院名を稲沢厚生病院に変更しました。
     病院は愛知県の西部、木曽川に隣接した稲沢市にあります。急性期医療・救急医療を担う尾張西部救急二次病院として、あらゆる救急疾患にも対応できる体制をとっています。それに加え当院の特徴は精神科51床を有しており精神疾患の患者様の身体的合併症に対応できること、地域包括ケア病床、健康管理センター、地域包括支援センター、訪問看護ステーション、介護保険事業所、 併設しており、卒後初期臨床研修必修科目が、当院のみで研修できます。また、選択期間が11ヶ月と長く、希望する診療科の研修ができます。
  6. 医療圏
     尾張西部医療圏、第二次救急指定医療機関

  7. 診療科別患者数と医師数等の状況(平成29年4月1日現在)
    診療科 常勤医師数 1日平均外来患者数 1日平均入院患者数 平均在院日数
    内科 10 163 99 21.3
    精神科 4 92 30 60.7
    小児科 4 69 7 4.0
    外科 4 30 17 13.8
    整形外科 3 79 34 42.7
    脳神経外科 1 18 10 26.0
    皮膚科 0 22 0 0
    泌尿器科 1 34 4 11.3
    産婦人科 3 32 7 7.6
    眼科 2 46 1 7.4
    耳鼻咽喉科 2 41 2 5.7
    放射線科 1      
    合計 35 626 211  
     

      総数 1日平均
    時間外・休日受診患者数※ 8696 23.8
    救急車搬入総数 1323  
    (時間内) 473  
    (時間外・休日) 850  
    分娩数 190  

  8. 教育施設として認定されている医学会名
     日本内科学会・日本消化器病学会・日本消化器内視鏡学会・日本循環器学会・日本精神神経学会・
     日本小児科学会・日本外科学会・日本整形外科学会・日本脳神経外科学会・日本脳卒中学会・
     日本泌尿器科学会・日本産科婦人科学会・日本眼科学会・日本耳鼻咽喉科学会

Ⅳ.臨床研修協力病院: 名古屋市立大学病院 愛知県厚生農業協同組合連合会 海南病院

Ⅴ. 臨床研修協力施設:愛知県一宮保健所 尾関医院

Ⅵ.指導体制

  1. 研修管理責任者   病院長 眞下 啓二
  2. プログラム責任者  副院長兼臨床研修部長兼保健事業部長 後藤 章友
  3. 各診療科指導医(卒業年)                                                                                                                                                                                                                                                                                              
    担当分野氏名卒業年担当分野氏名卒業年
    循環器内科後藤章友1988整形外科・地域医療加藤哲司1988
    消化器内科服部孝平1989整形外科山岸逸郎1995
    循環器内科浅田 馨1998整形外科河村文徳1995
    循環器内科勝野哲也1997脳神経外科杉山尚武1981
    消化器内科濵野真吾2002泌尿器科畦元将隆1993
    精神科杉山 通1995産婦人科竹内一郎1974
    小児科外山順三1975産婦人科谷貝顯博1979
    小児科江崎まり1982産婦人科渡辺 修1996
    外科眞下啓二1978眼科所 真由美2002
    外科伊藤浩一1987耳鼻いんこう科植松 隆2005
    外科髙山宗之1993放射線科三毛壯夫1986
    外科中屋誠一2008

Ⅶ.研修期間:2年間

  ※ 1年次ローテート例
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

内科

救急

精神科・小児科・外科・整形外科
脳神経外科・産婦人科・麻酔科必修

  ※ 2年次ローテート例
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
地域医療 保健所 自由選択

Ⅷ.研修医定員: 3名

Ⅸ.プログラム終了後のコース
  研修中の評価をもとに、希望科医師充足状況を勘案し常勤職員として採用される。引き続き約3年間の後期研修を
 行い、志望各科の学会認定専門医の取得をめざす。

Ⅹ.研修医の処遇

  1. 身分:常勤嘱託(準職員)
  2. 給与【日当直手当(6回/月)を含む】
     1年次 約416,250円/月、賞与年額 1,080,000円、年額 約6,075,000円
     2年次 約506,875円/月、賞与年額 1,440,000円、年額 約7,522,500円
  3. 社会保険:健康保険、厚生年金、労働保険に加入
  4. 宿舎:借り上げ住宅貸与(家賃一部負担)*希望により紹介斡旋
  5. 休日休暇:日曜、祝日、第2・4・5土曜日、年末年始(12月30日~1月3日)、8月15日、特別休暇(月1日又は半日) 有給休暇1年次10日・2年次11日
  6. 勤務時間:平日8:30~17:00(休憩50分)、土曜8:30~12:20
  7. 健康管理:健康診断、ワクチン接種など
  8. 医師賠償保険:団体としては病院で加入します。個人の加入は任意であるが加入が望ましい。

Ⅸ.コラム

 *プログラム責任者から
 稲沢厚生病院で初期研修を終えた後期研修医が3名おります。また、JA愛知厚生連では独自に年1回の指導医講習会を開催し、臨床研修等検討会を隔月で行っているため、情報量が非常に多く充実した指導ができています。
 当院は愛知県の西の端、のんびりとした田舎町にあり、雰囲気が良く、職員全体が研修医を歓迎しています。「風通し」のよいアットホームな病院で、当直などで困ってもすぐに各科当番医師に相談可能です。(オリエンテーションの間にすべての医師とのディスカッションの時間があり、スムーズに研修に入ることができます。)
 地域医療、精神科、産婦人科、小児科なども含めて院内でほとんどの研修を行うことが可能です。今後は協力病院を増やし、より選択科目を充実させる予定です。救急医療にも力を入れており、眠れない当直もありますが、やりがいがあります。ただ見学するのみでなく、実際に診察し、検査や手術のメンバーに入ることにより、より実践的な研修ができます。当院の雰囲気を知ってもらうためには、実際に院内で実感してもらうのが最適だと思います。
 M6やM5のみでなく、すべての医学生の病院見学を歓迎します。
 後期臨床研修では、科にもよりますが、正職員として採用されます。お気軽にお問い合わせください。



 *指導医から
 当院は、愛知県の農村地区に位置する(いわゆる田舎ですが)病院です。といっても車で30分ほど(高速は一部使いますが)走れば名古屋駅に行けますので比較的都会に近い田舎というロケーションです。私もいろいろな病院を転勤で回ってきましたが当院の研修医の先生たちの忙しさは中の上または上の下というところです。研修の希望もいろいろあると思いますが、比較的余裕を持って研修をしたいという方には向いていると思っています。寝る間も惜しんで2年間の研修を過ごしたいとか、とりあえず暇に2年間を過ごしたいという方もいるかもしれませんが・・・。
 当直は、希望にもよりますが月に5回から6回程度してもらっています。仮眠程度は可能です。ただ、救急患者数は当院でも増加傾向で徐々に忙しくなっています。研修2年目の最後にはもう少し忙しくなっているかもしれません。まずは一度、病院見学に来て下さい。

 *指導医から
 当院は、決して大病院のように珍しい症例が豊富にあるわけではありません。ただ、地域の中核病院としての役割を担っているためcommon diseaseは多く、救急医療から療養病床まですべての経験を積むことができます。
 また、中規模病院の長所として各科間やコメディカルとの垣根が非常に低く、フレキシブルな診療が可能です。循環器診療については心臓カテーテル検査・治療、ペースメーカー植込み、心筋梗塞の急性期治療などの専門的な研修ができます。
 しかし、まず臨床医としては、循環器科をはじめとした各分野のスペシャリストとなる前に、幅<広い視野に立った診療ができるジェネラリストであれ、と考えております。また、患者さんの病気だけでなく、その方の人間性、背景を含めた全人的な診療ができるような医師の育成を目指しております。

 *先輩研修医から
 当院での研修が始まって1年が経ちました。1年目の研修は内科が6ヶ月と中心になります。内科研修では昼間の外来で実際に診察したり、胃カメラ、エコーなどの手技も積極的に経験させてもらえます。実際に自分でやってみる事で、やはり見ているだけとは違い、高いモチベーションを持って学ぶ事が出来ました。
 当院は中規模病院で、common diseaseの患者さんが多いです。しかし、できる範囲で他科の疾患を含めてフォローしていくという形なので、一人の患者さんで有機的にいろいろな疾患について学べると思います。
また、中規模であるが故にアットホームな雰囲気で、他科の先生方にも相談しやすい環境です。
 救急についてもできる限り受け入れる形を取っているので、昼夜を通して様々な患者さんが搬送されます。中にはCPAの患者さんもあるため、ACLS等についても学ぶ事が出来ます。
 今後どの科に進むにしてもありふれたcommon diseaseについて知っておく事は重要であるため、研修病院としては良い環境だと思います。

▲このページのTOPへ

初期研修医募集要項

Ⅰ. 応募資格
 原則として平成30年3月、大学医学部卒業見込みの者であること。但し、医師国家試験不合格の場合は、採用内定を取り消す。

Ⅱ. 募集人員
  1名

Ⅲ. 面接試験日程
  随時対応致します。
  面接・試験日程を調整いたしますので、まずは連絡をお待ちしております。

Ⅳ. 提出書類
  応募願書・履歴書・成績証明書
  卒業見込証明書・健康診断書(大学発行のもの可)

Ⅴ. 問合せ先
  〒495-8531
  愛知県稲沢市祖父江町本甲拾町野7番地
  JA愛知厚生連 稲沢厚生病院  総務課
  電話:0587-97-2131 FAX:0587-97-3633
  E-mail:somu@inazawa.jaaikosei.or.jp

▲このページのTOPへ

後期研修プログラム

  1.目的
    初期研修で培った基本的臨床能力をさらに拡充させ、各科専門診療を安全に遂行する能力を獲得
    するために、他の医師やコ・メディカルと協力しながら安心できる医療を主治医として提供する
    とともに、学会発表、論文発表を含めた自己研鑽することにより、医療人としての人格を涵養する。
  2.目標
   1)一般目標
    地域基幹病院である稲沢厚生病院で、安心と信頼の医療を実践するために、初期研修で習得した基本的
    能力をさらに拡充させつつ、その基盤のうえに各科専門領域の診療を安全に遂行する能力を獲得し、
    安心できる医療を主治医として提供する。
   2)到達目標
    (1)病院理念を遂行できる診療態度を身につける
    (2)病院内の医療安全を積極的に推進する
    (3)チーム医療でリーダーシップを発揮する
    (4)認定医・専門医の資格取得を目指す
    (5)地域の基幹病院医師としての責務を果すために、安全で良質な且つ一層高度な医療を提供する
    (6)他職種・初期研修医に対して指導的役割を担う
  3.研修期間
    初期臨床研修修了後、3年間とする。ただし、診療科および専門領域において研修期間は異なり、
    必要に応じて一定期間他施設での研修を設定することも可能である。
  4.研修内容
    後期1年目
     1)初期臨床研修で習得したプライマリ・ケア、救急に関する診療能力をさらに向上させるため、
       救急外来での診療に携わる。
     2)専攻する診療科および専門領域の後期研修を行うとともに、医師として必要な臨床対応能力
       をさらに向上させる。
     3)外科系(外科、整形外科、脳神経外科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科など)プログラム
       を専攻する場合、院内の麻酔業務にも携わり、可能であれば、麻酔標榜医も目指す。
  後期2・3年目
     1)1年目研修で習得したプライマリ・ケア、救急に関する診療能力をさらに一層向上させるため、
       救急外来の診療に携わるとともに、初期研修医やコ・メディカル職員を指導する。
     2)主に専攻する診療科および専門領域の診療に携わり、日常診療とともに学会発表なども積極的
       に行い、認定医・専門医を目指した研修を行う。
     3)必要に応じて他施設での研修を行う。
  5.プログラム指導体制
     1)責任者 
       後期研修管理責任者   病院長    眞下啓二
       プログラム責任者    副院長兼臨床研修部長兼保健事業部長    後藤章友
     2)各科指導体制
    (1)指導医の責務
      指導医は後期研修プログラムに基づき、後期研修医に対する指導を行う。
      後期研修を評価し、指導責任者を通じて研修管理委員会に報告する。
    (2)指導医および責任者

診療科 指導責任者  
内科 後藤章友 副院長兼臨床研修部長兼保健事業部長
内科 服部 孝平 第1診療部長兼内科部長
精神科 杉山 通 精神科部長
小児科 江崎 まり 小児科部長
外科 眞下 啓二 院長
整形外科 加藤 哲司 副院長兼整形外科部長兼地域医療福祉連携部長
脳神経外科 杉山 尚武 脳神経外科部長
産婦人科 渡辺 修 産婦人科部長
眼科 所 真由美 眼科部長
耳鼻いんこう科 植松  隆 耳鼻いんこう科部長

医師臨床研修病院    
日本内科学会 日本精神神経学会 日本小児科学会
日本外科学会 日本整形外科学会 日本脳神経外科学会
日本産婦人科学会 日本眼科学会 日本耳鼻咽喉科学会
日本消化器病学会 日本消化器内視鏡学会 日本循環器学会
日本脳卒中学会 日本泌尿器科学会  

  6.評価 
     1)プログラム評価
       研修管理委員会が後期研修医の習得度を勘案しつつ、毎年プログラムを見直す
     2)後期研修医評価
       本プログラムに定められた各科到達目標各項目ごとに、後期研修医は研修中に自己評価を
       繰り返し行い、指導医は自己評価結果を随時点検し、到達目標達成を援助する。
  7.後期研修医の処遇など
     1)身分     愛知県厚生連規程による 常勤職員
     2)給与・賞与  愛知県厚生連規程による
     3)勤務時間、休日・休暇
    勤務時間
       平日 8:30~17:00(休憩50分) 土曜日 8:30~12:20
       休日・休暇
       日曜日、祝日、第2・4・5土曜日、年末年始(12月30日~1月3日)
       8月15日、特別休暇(月1日又は半日)、年次有給休暇(愛知県厚生連規程による)
     4)社会保険、労働保険等
       公的医療保険:有(愛知県農協健康保険)
       公的年金:有(厚生年金)
       労働者災害補償保険の適応:有
       雇用保険:有
     5)宿舎 有(借上げ住宅貸与(家賃一部負担あり)もしくは住宅手当給付)
     6)医師賠償責任保険
       団体としては病院で加入します
       個人の加入は任意であるが加入が望ましい
     7)健康管理
       健康診断(他にワクチン接種など)
     8)自主的な研修活動に関する事項
       学会、研究会への参加費用負担は、稲沢厚生病院規程による


稲沢厚生病院後期研修カリキュラム




稲沢厚生病院 一般内科
 後期研修カリキュラム

【一般目標(GIO)】
 安心と信頼の医療を提供し、患者や社会のニーズに応えられる医師となるために、診療に必要な
 知識・技能を習得するとともに個々の症例に迅速かつ的確に対応できる臨床能力を習得する。
【行動目標(SBO)】
1.一般内科医に必要とされる診断能力・検査・手技・治療法を修得する。
2.全身管理能力を修得する。
3.専門医として必要な救急対応能力を修得する
4.患者および患者家族との対応能力に習熟する。
5.専門医として研修医、コ・メディカルを指導する能力を修得する。
6.介護保険、福祉事業等の社会保障システムに精通する。
7.外科をはじめ他科との連携能力を身につける。
8.内科認定医受験に必要とされる要件を満たす 。
【方略】
1.入院患者を主治医として担当する。
2.外来患者を主治医として担当する。
3.担当医として検査・処置を施行する。
4.救急を担当する。
5.症例検討会・抄読会にて発表・討議を行う。
6.学会発表、論文発表を行う。
【週間スケジュール例】
 
  抄読会        
午前 外来 腹部超音波 病棟回診 上部消化管内視鏡 心臓超音波 病院回診
午後 回診・検査 回診・検査 外来 回診・検査 回診・検査  
夕刻   医局会   内科症例検討会 XP読影会  

【評価】
項目

評価者

時期 評価方法
担当した入院患者の疾患と患者数 自己・指導医 3ヶ月毎 自己記録
経験した検査数・検査記録 自己・指導医 3ヶ月毎 自己記録
カンファランスでの症例提示 自己・指導医 3ヶ月毎 口頭
学会発表・論文発表 指導医 1ヶ月毎 自己記録
【別に定める事項】
1.年1回以上の学会発表を目標とする。
2.学会発表した内容を論文とする。

▲カリキュラムTOPへ
▲このページのTOPへ


稲沢厚生病院 循環器科
 後期研修カリキュラム




        準備中




▲カリキュラムTOPへ
▲このページのTOPへ



稲沢厚生病院 消化器科
 後期研修カリキュラム

 最終的には、「日本消化器病学会専門医」「日本消化器内視鏡学会専門医」の資格取得を目指す。
 その第一歩として「日本消化器病学会専門医」の受験に必要な「日本内科学会認定医」を取得する。
【一般目標(GIO)】
 安心と信頼の医療を提供し、患者や社会のニーズに応えられる医師となるために、診療に必要な
 知識・技能を習得するとともに個々の症例に迅速かつ的確に対応できる臨床能力を身につける。
【行動目標(SBO)】
1.総合内科医として必要な診断、救急対応、治療能力を修得する。
2.消化器系の解剖、疾患の病態生理について説明できる。
3.主要徴候から鑑別診断をあげることができる。
4.診断のための適切な検査を選択し、必要に応じて自分自身でも施行することができる。
5.腹部超音波、X線造影検査(胃透視、注腸等)、血管造影などの基本的診断手技を修得する。
6.診断や治療に必要な内視鏡手技に習熟する。
7.外科をはじめ他科との連携能力も身につけ、適切な治療手段を選択できる。
8.消化器専門医として適切な薬物治療を行うことができる。
9.患者および患者家族に病態、診断、治療を適切に説明し、コミュニケーションをとることができる。
10.専門医として研修医、コ・メディカルを指導する能力を修得する。
11.社団法人日本内科学会内科認定医受験に必要とされる要件を満たす。
【方略】
1.入院患者を主治医として担当する。
2.外来患者を主治医として担当する。
3.検査当番として基本的な検査を繰り返し行う。
4.担当医として特殊な検査・処置を施行する。
5.救急を担当する。
6.症例検討会・抄読会にて発表・討議を行う。
7.学会や研究会に積極的に出席、発表するとともに自分の意見を述べる。
8.論文発表を行う。
【週間スケジュール例】

 
  抄読会        
午前 外来 腹部超音波 病棟回診 上部消化管内視鏡 X線透視 病院回診
午後 回診・検査 回診・検査 外来 回診・検査 回診・検査  
夕刻   医局会   内科症例検討会 XP読影会  

【評価】
項目

評価者

時期 評価方法
担当した入院患者の疾患と患者数 自己・指導医 3ヶ月毎 自己記録
経験した検査数・検査記録 自己・指導医 3ヶ月毎 自己記録
カンファランスでの症例提示 自己・指導医 3ヶ月毎 口頭
学会発表・論文発表 指導医 1ヶ月毎 自己記録
【別に定める事項】
1.年1回以上の学会発表を目標とする。
2.学会発表した内容を論文とする。

▲カリキュラムTOPへ
▲このページのTOPへ

稲沢厚生病院 精神科 
 後期研修カリキュラム

【一般目標(GIO)】
 安心と信頼の医療を提供し、患者の人権を尊重し社会のニーズに答えられる医師になるために、
 精神医療に必要な態度、技能、知識を習得するとともに個々の症例に迅速かつ的確に対応できる
 臨床能力の研鑚を積む.
【行動目標(SBO)】
1.一般精神科医に必要とされる、疾患の概念と病態を把握して診断能力、検査、適切な治療法を
  修得する。
2.患者とより良い関係を築き支持的精神療法が施行でき、認知療法、力動的精神療法、統合失調
  症の寛解過程論を説明できる。
3.専門医としての精神科救急対応として、精神運動性興奮状態や自殺の危険性が高い患者への対
  応能力を修得する。
4.患者および患者家族のニーズを身体心理・社会的側面から把握し、相手の気持ちを理解しつつ
  分かりやすく説明できる。
5.専門医として研修医、コ・メディカルを指導する能力を修得する。
6.精神保健福祉法全般を理解し、特に行動制限事項について把握できる。成年後見人制度を理解
  できる。介護保険・福祉等の社会保障システムに精通する。
7.他科との連携能力を身につけ、患者の精神医学的診断・治療・ケアについての適切な意見を述
  べることができる。
8.精神科専門医受験の要件を満たす。
【方略】
1.入院患者を主治医として担当する。
2.外来患者を主治医として担当する。
3.担当している患者について、回診ないし症例検討会で提示し、診断及び治療について助言
  と指導を受ける。
4.精神科救急対応について、指導医の指示のもとに診察する。
5.精神保健福祉法に基づく、任意入院、医療保護入院、行動制限についての書類を作成する。
6.学会・講演に出席して情報を得る。
【週間スケジュール例】

 
午前 外来 外来 外来 外来 外来 回診
午後 回診・検査 回診・検査 回診 回診 回診  
夕刻     研究会      

【評価】
項目

評価者

時期 評価方法
担当した入院・外来患者の疾患 自己・指導医 3ヶ月毎 自己記録
指導医、専門医のための症例 自己・指導医 3ヶ月毎 自己記録
【別に定める事項】
1.大学の研究会に参加することを目標とする

▲カリキュラムTOPへ
▲このページのTOPへ


稲沢厚生病院 小児科
 後期研修カリキュラム

【一般目標 (GIO) 】
小児科領域の安全で信頼される診療を提供するために小児科医としての基礎的、かつ幅広い臨
床的能力を修得する。

【行動目標 (SBO) 】
1. 小児科医として必要とされる手技、検査に習熟する。
2. 小児科医として必要とされる診断能力を修得する。
3. 小児科医として必要とされる治療法を修得する。
4. 小児救急の重要性を理解し、現場での適確な判断能力を修得する。
5. 患者および患者家族との対応能力に習熟する。
6. 乳児健診、予防接種等の小児保健習熟する。

【方略】
1. 入院患者を主治医として担当する。
2. 外来診察を担当する。
3. NICUの研修を他施設にて一定期間行う。
4. 小児救急を担当する。
5. 症例検討会で発表、討議する。
6. 学会発表、論文発表を行う
【週間スケジュール】

 
午前 病棟回診 一般外来 病棟回診 一般外来 病棟回診 病院回診
午後 一般外来 病棟回診 乳児健診
予防接種
病棟回診 一般外来  
夕刻 症例検討会          

【評価】
項目

評価者

時期 評価方法
担当した入院患者の疾患と患者数 自己・指導医 3ヶ月毎 自己記録
経験した検査数・検査記録 自己・指導医 3ヶ月毎 自己記録
カンファランスでの症例提示 自己・指導医 3ヶ月毎 口頭
学会発表・論文発表 指導医 1ヶ月毎 自己記録


▲カリキュラムTOPへ
▲このページのTOPへ

稲沢厚生病院 外科 
 後期研修カリキュラム

【一般目標 (GIO) 】
患者のニーズに応えるために,レベルの高い均質な,かつ包括的で全人的な外科診療を実践でき
る能力を修得する。
【行動目標 (SBO) 】
1 外科診療に必要な基礎的知識を習熟し,臨床応用できる.
2 外科診療に必要な検査・処置・麻酔手技に習熟し,それらの臨床応用ができる.
3 一定レベルの手術を適切に実施できる能力を修得し,その臨床応用ができる.
4 外科診療を行う上で,医の倫理に基づいた適切な態度と習慣を身に付ける.
5 外科学の進歩に合わせた生涯学習を行うための方略の基本を習得し実行できる。
6 外科専門医受験に必要な要件を満たす。
【方略】
1 外来、入院患者を主治医として担当し、検査、診断、処置、治療、経過観察を行う。
2 術者または助手として手術を担当する。
3 指導医のもとに全身麻酔、術後管理を担当する。
4 コメディカルスタッフと協調・協力してチーム医療を実践する。
5 症例検討会での討論、学会発表、論文発表を行う。
6 呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科については名古屋市立大学およびその関連施設において
 研修を行う。

【週間スケジュール】

   土1)
M.M.  2) M.M.  2) 抄読会 3) M.M.  2) M.M.  2) M.M.  2)
午前 外来 検査処置 回診 外来 検査処置 外来回診4)
午後 手術 手術 検査処置 手術 手術  
夕刻     症例検討会      
 1) 第1、3土曜が診療日
 2) M.M. : モーニングミーティング(8:30~8:45)
 3) 抄読会 : 第1、3水曜日の8:00~8:30
 4) 第1土曜は外来、第3土曜は回診
 【評価】
項目 対応するSBO

評価者

時期 評価方法
基礎的知識の習熟と応用 1、6 自己・指導医 1年毎 筆記・口頭
検査・処置・麻酔手技の習熟と応用 2、6 自己・指導医 1年毎 筆記・口頭
経験した手術手技名と件数 3、6 自己・指導医 6ヶ月毎 自己記録
医の論理に基づいた態度と習慣 指導医 1年毎 口頭
症例検討会での提示 自己・指導医 毎週 口頭
学会・論文発表 指導医 1年毎 自己記録

 【別に定める事項】
 手術経験数 : 日本外科学会の外科専門医受験要件を満たすこととする。
 【研修プログラム】
 年次計画
 後期研修の期間は、原則的には初期研修終了後の3年間とする。
 研修期間内は主として当院において外科の研修を行うが、呼吸器外科、心臓血管外科、
 小児外科については名古屋市立大学およびその関連施設での研修を予定する。

▲カリキュラムTOPへ
▲このページのTOPへ

稲沢厚生病院 整形外科
 後期研修カリキュラム

【一般目標 (GIO) 】
整形外科医として外来診療、入院患者診療、手術手技を行えるようになることを目標とする。
後期研修は2年から3年を予定しており整形外科は網羅すべき疾患範囲が多岐に渡るため完全
に自立した整形外科医となることは困難であるが、指導医の指導下では外来診療、入院患者診
療、手術手技を行え、また、必要時には指導医に相談できる(相談すべき事が判断できる)整
形外科医となることを目標とする。
【行動目標 (SBO) 】
1.外来診療が指導医の指導下で行える診察手技・知識などを獲得する。
2.外傷救急患者、他の整形外科救急患者に対する診断・治療が行えまた必要時には整形外科
  指導医、他科のドクターとの連携が行えるようにする。
3.基本的骨折治療、外傷治療(手術的、保存的)が指導医の指導下で行えるようになる。
4.多発外傷患者全身管理、高齢者全身管理が行えるようになる。
5.外傷学以外の整形外科疾患(リウマチ性疾患、脊椎脊髄疾患、小児整形疾患、腫瘍性疾患
  など)の診断・治療が指導医の指導下で行えるようになる。手術手技習熟度が上がり、指
  導医が可能と判断すれば、人工関節置換術、脊椎除圧術などの手術に当たる。
6.患者および患者家族に対するインフォームドコンセントなどの説明、対応が出来るように
  なる。
7.学会発表、論文発表を年1回以上行う。
【方略】
1.後期研修開始時の3~6ヶ月程度は、指導医ともに外来診察、入院患者担当を行う。指導医
  が可能と判断すれば、外来・入院患者担当を独立して行う。
2.整形外科スタッフドクターとして、救急外来治療(当直業務、日勤帯救急外来担当、他科よ
  りの相談)に当たる。整形外科指導医のバックアップあり。
3.上下肢骨折手術を2-3年間で、可能な限り経験する。また、手術適応が判断できるように
  保存的治療にも習熟する。
4.骨盤骨折などの重傷例、胸部、腹部、頭部外傷合併患者の治療を経験する。また、高齢者骨
  折患者の全身管理を内科ドクターとの連携下で行う。
5.リウマチ性疾患、脊椎脊髄疾患の治療に当たる(当院では、リウマチ外来、脊椎外来を設け
  ている。また、腫瘍性疾患、小児整形外科疾患は大学病院と連携して治療に当たっている)。
【週間スケジュール】

 
    前日新患患者の検討会      
午前 外来再診 外来新患 病棟回診 急患担当 外来再診 外来または病棟回診
午後 手術 検査 手術 ギプス外来 手術  
夕刻       症例検討会    

 【評価】
項目 対応するSBO

評価者

時期 評価方法
外来新患患者の診断・治療 自己・指導医 毎週 カンファレンス
手術症例、手術経験数 自己・指導医 半年毎 自己記録
急患、重傷患者経験数 自己・指導医 半年毎 自己記録

リウマチ性疾患、脊椎脊髄等の経験数

自己・指導医 半年毎 自己記録
手術説明書内容の確認 自己・指導医 手術毎 自己記録
学会発表・論文発表 自己・指導医 1年毎 自己記録

【別に定める事項】
 整形外科専門医取得のため、日本整形外科学会に入会する。
 また、後期研修開始時に、名古屋市立大学整形外科医局に入局する。後期研修2-3年
 終了後は、大学病院または関連病院にて勤務し、整形外科専門医取得を目指す。

▲カリキュラムTOPへ
▲このページのTOPへ


稲沢厚生病院 脳神経外科
 後期研修カリキュラム

【研修目標(GIO)】
 脳神経外科専門医研修プログラムにおける最大の目標は、脳神経外科医として診療に必要な知識、
 技能、態度を身につけ脳神経外科専門医資格を取得することである。
【行動目標(SBO)】
①ユニット1:基本的事項
ユニットのGIO:以下の事項につき、適切に検査・処置を行い、診療に参加する。
1:入院患者管理(病歴の聴取、神経学的検査、救急患者の診察、検査、治療の修得、確定診断および鑑別診断)
2:術前、術後の管理(術前検査の分析、薬剤投与の指示、体位変換の指示、安静度の指示、輸液管理、合併症
の管理(高血圧、糖尿病、心肺疾患等)
3:退院時要約(外来通院までの計画作成および説明、紹介病院への回答)
4:神経放射線学的検査(頭蓋、脊椎単純写、CT、MR、SPECT、PET、脳血管撮影、神経超音波検査)
5:神経生理学的検査(脳波、誘発電位、頭蓋内圧測定 など)
6:神経精神学的検査(知能検査など)
7:神経内分泌学的検査(内分泌負荷テスト、内分泌補充療法)
② ユニット2:基本的手技
ユニットのGIO:以下の手技につき、適切に実施できる。
1:剃毛および消竃法               11:脳室腹腔シヤント術
2:無菌操作                   12:陥没骨折整復術
3:糸結びおよび糸切り              13:頭蓋形成術
4:縫合および抜糸                14:慢性硬膜下血腫手術
5:中心静脈穿刺およびカテーテル挿入       15:CTガイド下定位的血腫吸引術
6:局所麻酔法                  16:手術用顕微鏡の操作法
7:手術体位および頭部固定            17:マイクロサージェリーの基本
8:脳室穿刺およびドレナージ術          18:血管内手術の基本
9:穿頭術                    19:局所血栓溶解術
10:開頭術

【方略】

項目 対応するSBO1

対応するSBO2

患者の評価(病歴の聴取、神経学的検査、救急患者の診察、検査)を行う。

SBO1  
患者の診断、治療計画を立てこれを実施する。 SBO1、4~7  
各種検査の実施、及び助手を務める。 SBO4~7  
症例検討会、術前症例検討会に参加する。 SBO1、4~7  
患者の術前、術後の管理を行う。 SBO2  
各種手術の助手を務める。   SBO1~19
指導のもとに穿頭術、開頭術、脳室腹腔シヤント術などを行う。   SBO8~11
退院後の治療計画をたて、これを実施する。 SBO3  
指導のもとに救急患者の処置を行う。   SBO1~6

【週間スケジュール】
外来診察、病棟回診、処置、検査、手術・麻酔、救急待機などの役割を担う。

【評価】

項目

評価者

時期 評価方法
経験した疾患、症例数 自己・指導医 1ヶ月毎 自己記録
経験した手術、症例数 自己・指導医 1ヶ月毎 自己記録
カンファランスでの提示 自己・指導医 1ヶ月毎 自己記録口頭

 当施設は、名古屋市立大学脳神経外科を母体とするC項施設です。名古屋市立大学脳神経外科及
 びその関連施設でのローテーションが可能です。

▲カリキュラムTOPへ
▲このページのTOPへ

稲沢厚生病院 産婦人科 
 後期研修カリキュラム

【一般目標】
 安心と信頼の医療を提供するために、産婦人科医として要求される幅広い臨床能力を修得し、
 将来の専門医資格取得のための基礎をつくる。
【行動目標】
1.認定医として必要とされる診断、治療について修得する。
2.認定医の資格を取得するための定められた症例数を経験する。
3.産婦人科手術全般を経験し、手術手技、術前・術後管理を習熟する。
4.産科・婦人科救急疾患の初期対応を担当する。
5.患者及び患者家族との対応能力を修得する。
【方略】
1.外来、入院患者を主治医として診断、治療を担当する。
2.手術については執刀医、助手として担当する。
3.分娩については経過を把握し、必要な処置を適切、迅速に行う。
4.症例検討会で発表、討議する。
5.学会、論文発表をする。
【週間スケジュール例】

 
午前 病棟/外来 病棟/外来 病棟/外来 病棟/外来 病棟/外来  
午後   手術   手術    

【評価】

項目

評価者

時期 評価方法
経験した疾患名及び症例数 自己・指導医 3ヶ月毎 自己記録
経験した手術名及び症例数 自己・指導医 3ヶ月毎 口頭
カンファランスでの提示 自己・指導医 隔週 自己記録
学会発表・論文発表 指導医 毎年 自己記録

【別に定める事項】
 ・産科当直(又は待機)
  6回/月程度あり

▲カリキュラムTOPへ
▲このページのTOPへ

稲沢厚生病院 眼科
 
後期研修カリキュラム




         準備中





▲カリキュラムTOPへ
▲このページのTOPへ



稲沢厚生病院 耳鼻いんこう科
 後期研修カリキュラム






        
準備中







 

▲カリキュラムTOPへ
▲このページのTOPへ