医学生の方へ 研修医日記
【看護部長から】

地域の皆様の健康生活を守るため、急性期から慢性期、在宅まで継続した看護を提供していくため職員一同努力しています。人間の成長過程・病気の回復過程は、いつの時期にも看護が関わる必要があります。その時その時に、看護師が役割を充分果たすことにより、より健康的にその人らしく生活していけると考えます。
当院の特徴は、一般病床153床・精神科病床51床・療養病床50床・地域包括ケア病床46床を持つ総合病院です。急性期から慢性期・在宅まで継続して患者様の看護を行います。また、単科の精神科病院との病・病連携で、癌・急性の肺炎・肝炎・骨折などの患者様を受け入れ治療を行い、治療後もとの病院へ戻るという合併症対応の病院でもあります。
超急性期の病院ではありませんが、地域の患者様を大切に考え、できるだけ良い環境で療養をしていただくため、日夜頑張っています。患者様とともに成長していけるように、皆様のサポートシステムを実施しています。
一度、病院見学に来てください。自分の眼で見て肌で触れてみると当院の良さが分かって頂けると思います。




▲このページのTOPへ
 【看護部組織図】

    

▲このページのTOPへ









準備中



教育システム
 愛知県厚生連看護師会では「キャリア開発」を個のキャリアニーズ《将来なりたい自分になろうとし、仕事を通した個人の成長》と、組織のキャリアーンズ《組織にとって必要な人材を示し、個人の成長を組織の成長に生かすこと》との一致を図ることととらえ、看護者個々のキャリア開発を支援するためにクリニカルラダーを導入しています。
 当院もクリニカルラダーレベルⅠ~Ⅳの4段階に沿って教育プログラムを計画しています。
 個々がそれぞれのレベルにおいて教育を受け、職場のサポートを受けながら、看護者としての能力を高めていただくことが出来ます。
卒後1年目は、ビギナーとしてクリニカルラダーの前段階を設定しています。
 あわてず基礎を確実に学ぶ時間を確保されています。現場ではプリセプター制度を導入して先輩看護師と共に学べる体制になっています。


新人さんの1年間


      


 日程調整中

  今年度実施期間
   平成29年3月6日(月)~平成29年8月31日(木)
  *土・日・祝日除く

▲このページのTOPへ