HOME 当院について 入院について 診療科・部門 アクセス
診療担当医表 人間ドック・健診 糖尿病教室 健康セミナー 採用情報 お問い合わせ
医学生の方へ 研修医日記 看護部 医療機関の方 リンク

広報紙銀杏

館内禁煙


いんちょうあいさつ びょういんえんかく 病院概要 びょういんりねんほうしん
クリニカルインディケーター(臨床指標)
▶院長挨拶
いんちょう

安心して受けられる医療を目指して
 稲沢厚生病院は、戦後の混乱の中、昭和20年11月に愛知県農業会尾西診療所として開設されました。その後、昭和23年8月に愛知県厚生農業協同組合連合会の発足に伴って同会に移管され、今日に至っています。昭和40年に現在地に移転した後は、めざましい医療の進歩と地域ニーズに対応するため、昭和49年、平成元年と増改築を行ってきました。
 平成14年4月には、地域の要望と地元行政を始めとした多方面からの多大なご支援を頂き、新病院が完成しました。新病院では最新の医療機器やオーダリングシステムなどの新しいシステムを導入して医療機能の充実を図るとともに、アクセスしやすい病院づくりや療養環境の改善に力点をおきました。また、平成19年には医療の質や安全性の向上を目指して病院機能評価の認定資格を取得しました。さらに、平成21年には医療の質の向上や合理化・効率化を目的として電子カルテシステムを導入しました。平成23年12月には病床整備を行って一般病床を増床し、急性期医療機能の充実を図りました。
 そして、平成24年度から着手した南館新築および北館改修工事では、災害拠点病院として十分な耐震性と設備を備えること、救急外来の機能を充実させること、外来診療機能を充実させること、在宅医療や介護部門との連携を強化すること等々を目的として、平成27年7月に全ての工事を完了しました。
 新しい医療人の育成においては、新医師臨床研修指定病院として毎年研修医を受け入れ、平成23年には卒後臨床研修評価機構による認定を得ています。また、医・薬学部、看護、リハビリ、福祉などの学生実習も数多く受け入れており、これらの若いスタッフや学生の存在は病院の活性化に大きく繋がっています。
 当院では地域の期待に応えて保健事業や福祉介護事業にも力を注いでいます。疾病予防のための健康管理センターを開設し、福祉介護分野では療養病床、訪問看護ステーション、介護保険事業所、地域包括支援センター、ヘルパーステーションを有し、地域の在宅支援体制の充実を図っています。
 この度の南館新築に際しましては、地域の方々により広く当院を認知していただくために、病院名をこれまでの尾西病院から稲沢厚生病院にあらためますが、尾西病院の名の持つ深く重い歴史を忘れることは決してありません。当院が求めてきた医療・保健・福祉の充実は、地域の皆様方が安心して生活して頂くためになくてはならないものです。稲沢厚生病院は幅広い機能を保ちながら、より一層の安全・安心なサービスを提供してまいります。職員一同は「安心できる地域づくり」に貢献できることを誇りに思い喜びと感じながら、皆様に選んでいただける病院であり続けることを目指して、たゆまぬ努力を重ねてまいります。

▲このページのTOPへ

▶稲沢厚生病院沿革

 稲沢厚生病院は、戦後の混乱の中、昭和20年11月愛知県農業会尾西診療所として開設され、昭和23年8月愛知県厚生農業協同組合連合会の発足に伴い移管され、今日に至っている。
 平成14年4月に病棟・診療棟の増改築工事を完了し、新病院開院。平成14年12月に本館の改修により理学療法・作業療法・言語療法の総合リハビリテーション、健康管理センター、訪問看護ステーション、地域包括支援センターの新装及び通所リハビリテーションを開設。これらの施設整備を契機に、1患者1ファイル、オーダーリングシステムなど新しいシステムを取り入れ、医療の質及び患者サービスの向上を図る。
 平成19年、医療の質や安全性の向上を目指して病院機能評価の認定資格を取得。平成21年、医療の質の向上や合理化、効率化を目的として電子カルテシステムを導入。平成23年12月に病床整備を行い、一般病床を増床し、急性期医療機能の充実を図る。
  東館及び厨房棟を耐震化の建物にする為に新築工事を平成25年9月26日より開始し、平成26年10月28日に竣工式を迎え、11月4日より病院名を新たにして「稲沢厚生病院」と改名し、南館を開院。他方、紹介症例検討会、学術講演会の紹介、CT・MRIなど先進医療機器の共同利用をはじめ、病病・病診連携を推進し、福祉事業として訪問看護・訪問リハビリ、ショートステイ、精神科ディケアの取り組み、更に保健事業として検診・ドック機能の充実など、地域に密着した病院として医療、保健、福祉の総合展開を図っている。

▲このページのTOPへ

▶病院概要

<名  称>
びさいびょういんろご 愛知県厚生農業協同組合連合会 稲沢厚生病院
 Inazawa kosei Hospital Aichi Prefectural Welfare Federation
 of Agricultural Cooperatives

<所在地>
 〒495-8531
 愛知県稲沢市祖父江町本甲拾町野7番地
 電話(0587)97-2131 FAX(0587)97-3633
  ホームページ http://www.jaaikosei.or.jp/inazawa/

<建築概要>
 敷地面積:17,271㎡
 建物延面積:20,738㎡
 建物構造:北館 鉄筋コンクリート造
      南館 鉄骨造
 病室延床面積:265.6㎡
 病室1床当り面積:8.86㎡

<病床数>
 300床(一般病床153床、精神科病床51床、療養病床50床、地域包括ケア病床46床)

<診療科>
 内科、循環器内科、消化器内科、糖尿病内科、神経内科、精神科、小児科、外科、整形外科
 リウマチ科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科
 リハビリテーション科、放射線科、麻酔科

<保健事業>
 健康管理センター

<福祉事業>
 訪問看護ステーション そぶえ
 稲沢厚生病院介護保険事業所
 祖父江地域包括支援センター
 ヘルパーステーション えがお
救急告示病院
保険医療機関
労災指定医療機関
生活保護法指定医療機関
結核予防法指定医療機関
母体保護法指定医療機関
指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)
指定自立支援医療機関(精神通院医療)
被爆者一般疾病指定医療機関
身体障害者福祉法指定医療機関
臨床研修指定病院
肝疾患専門医療機関
災害拠点病院
卒後臨床研修評価機構認定病院
日本内科学会認定医制度教育関連病院
日本循環器学会認定循環器専門医研修関連施設
日本精神神経学会精神科専門医制度研修施設
日本小児科学会小児科専門医制度研修関連施設
日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本整形外科学会整形外科専門医制度研修施設
日本脳卒中学会脳卒中専門医研修教育病院
日本泌尿器科学会専門医教育施設
日本眼科学会専門医制度研修施設
日本病理学会研修登録施設
日本耳鼻咽喉科学会専門医制度研修施設
日本高血圧学会専門医認定施設

▲このページのTOPへ

▶理念・方針

愛知県厚生連理念

 私たちは、受ける側の立場に立ち、医療を中心とした活動を通して地域住民の安心感の確保を図るとともに、医療・保健・福祉のあるべき姿を追い求めます。


理念

 私たちは、地域住民の健康と生活を守るために、より良質で安全な医療・保健・福祉を提供すると共に、医療人を育成し、安心できる地域づくりに貢献します。


基本方針
  1. 地域における病院の役割を自覚し、皆様に信頼される病院づくりに努めます。
  2. 人間性豊かな医療従事者を育成し、医療の質向上に努めます。
  3. 誇りと喜びを持って働くことができる職場環境をめざします。
  4. 将来にわたり安心できる医療を提供するために、経営の安定化に努めます。

患者さんの権利と責任
  1. 人間として人格が尊重され、良質な医療を公平に受けることができます。
  2. 病気、検査、治療などについて十分な説明を受けることができ,自分の病名を知る権利があります。理解できないことについては、納得の行くまで説明を受けることができます。
  3. 他の医師の意見を聞くことや、医療機関を自由に選択することができます。
  4. 情報提供と説明を受け、自己の責任において診療方法を最終決定することができます。
  5. 自分の診療情報の開示を求めることができます。
  6. 医療上の個人情報は守秘され、プライバシーが保護されます。
  7. 正しい診断、治療を受けるために、自身の健康に関する情報を正確に提供してください。
  8. 患者さん相互の療養生活のため、病院の規則を守ってください。

個人情報保護方針

 愛知県厚生農業協同組合連合会(当院)は、情報社会における個人情報保護の重要性を認識し、個人情報を適切に管理することを社会的責務と考え、以下の方針に基づき個人情報の保護に努めます。ここでいう個人情報とは特定個人情報を含みます。

  1. 個人の人格尊重の理念の下に個人情報を適正に取り扱うため、個人情報に関する法令およびその他の規範を誠実に遵守します。
  2. 個人情報の取り扱いに関する規程を定め、適正な取得、利用および提供に関する事項を明確にし、職員に周知徹底します。
  3. 保有する個人情報の漏洩、紛失、破壊などが発生しないよう万全の対策を講じ、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。
  4. 保有する個人情報について、ご本人の求めに応じ、速やかに開示・訂正等の対応をいたします。
  5. 取り扱う個人情報について、ご本人からの苦情や相談に対して適切かつ迅速に取り組み、その内部体制の整備に努めます。

▲このページのTOPへ

▶職業倫理綱領  平成24年2月10日制定

 地域住民の立場にたち地域医療を展開している稲沢厚生病院は、利用者からの信頼を保つために病院職員としての職業倫理綱領を次のとおり定めます。

  1. 医療を必要とする人のために、優しさと温かさをもって接するとともに、最善の医療を提供し、信頼を得るように努めます。
  2. 私たちは、他の医療関係者と協力して地域住民の疾病予防と健康増進に力を尽します。
  3. 私たちは、医療に携わる者として、この職業の尊厳と責任を自覚し、常に知識と技術の習得に努めるとともに、教養を深め、品格を高めるように心掛けます。
  4. 私たちは、医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法規範の遵守および法秩序の形成に努めます。
  5. 地域の人々と職員は医療・保健・福祉の問題解決にあたりお互いの信頼関係を築くために十分な説明、情報交換を目指します。
▶臨床倫理綱領   平成24年2月10日制定

 理念、基本方針、患者さんの権利と責任に基づき、臨床における倫理に関する綱領を次のとおり定めます。

  1. 患者さんの権利を尊重し、良質で安全な医療を平等に提供し、医療における説明責任を果たします。
  2. 患者個人の宗教や信条、価値観等に配慮した医療を提供し、倫理原則に則って行動します。
  3. 患者さんの国籍、宗教、信条、年齢、性別、社会的地位、経済的状況、ライフスタイルなどに関わらず、平等に接します。 
  4. 医療の安全管理に最大の努力を尽くします。発生した有害事象に対しては関係者の救済を優先するとともに、原因究明を徹底し、再発防止に努めます。
  5. 医療行為、医学研究にあたっては、その生命・医療倫理上の課題について院内の委員会で審査します。
  6. 他の医療機関等への受診、相談、転院、セカンドオピニオン等に関しては当該患者の意思を尊重して適切な情報を提供し、協働して良好な医療が行われるよう努めます。

▲このページのTOPへ

▶クリニカルインディケーター(臨床指標)

 クリニカルインディケーター(臨床指標)とは、医療の質を表す指標で、実際に行われた医療の結果等を具体的な数値として示したものです。これにより、医療の質を客観的に評価することが可能となります。

◎平成28年度診療実績
  外来 入院
科 名 延外来患者数 1日平均 延入院患者数 1日平均
内科 43,531 163 36,413 100
小児科 18,291 69 2,809 8
外科 8,118 30 6,589 18
整形外科 20,966 79 12,875 35
脳神経外科 4,737 18 3,528 10
皮膚科 5,851 22 0 0
泌尿器科 9,000 34 1,620 4
産婦人科 8,603 32 2,887 8
眼科 12,381 46 395 1
耳鼻咽喉科 11,001 41 689 2
精神科 24,574 92 14,696 40
合計 167,053 626 82,501 226
  件数   件数
手術件数 895 血管撮影件数 165
うち全身麻酔 348 時間外来院数 7952
うち腰椎麻酔 213 救急車搬送患者数 1323
内視鏡件数 2834 服薬指導件数 2842
分娩件数 190 栄養指導件数 757
うち帝王切開件数 47

◎平成28年度臨床指標
・病院全体の指標
  平成26年度 平成27年度 平成28年度 定義
平均在院日数 一般:15.2日
精神:71.9日
一般:14.4日
精神:59.6日
一般:13.3日
精神:60.1日
入院患者延数/(新入院患者数+退院患者数)÷2
病床利用率 一般:80.8%
精神:85.2%
一般:85.1%
精神:84.1%
一般:80.8%
精神:78.9%
入院患者延数/許可病床数×365日
死亡退院患者率 6.3% 6.00% 6.15% 死亡退院患者数/退院患者数
退院後6週間以内の再入院率 5.4% 8.90% 6.64% 該当件数/退院患者数
2週間以内退院サマリ作成率 90.9% 92.90% 92.80% 退院後2週間以内サマリ作成件数/退院患者数
褥瘡発生率 0.80% 0.70% 0.75% 新規褥瘡発生件数/入院患者実数
入院中の転倒転落率 0.36% 0.37% 0.34% 転倒・転落件数/入院患者延数
救急車応需率 80.9% 77.70% 77.61% 救急車搬送件数/救急車搬送依頼件数
・予防医療に関する指標
  平成26年度 平成27年度 平成28年度
職員のインフルエンザワクチン予防接種率 96.9% 97.2% 97.7%
職員の健康診断受診率 99.0% 99.1% 99.3%
・地域連携に関する指標
  平成26年度 平成27年度 平成28年度 定義
紹介率 15.8% 16.6% 15.9% 分子:(初診紹介患者数+緊急入院患者数-入院初診紹介)
分母:(初診算定患者数-休日夜間の初診患者数+休日夜間の初診緊急入院患者数)
逆紹介率 20.0% 18.7% 19.5% 分子:診療情報提供書
分母:(初診算定患者数-休日夜間の初診患者数+休日夜間の初診緊急入院患者数)

平成28年度DPCデータによる指標
平成27年度DPCデータによる指標
平成26年度DPCデータによる指標

▲このページのTOPへ