平成27年度 知多厚生 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 90 50 70 73 141 241 501 809 842 258
当院は、知多半島南部地域における唯一の中核病院かつ公的医療機関として、救急医療、急性期医療・回復期医療・慢性期医療・在宅医療にいたるまでのシームレスな機能を保持した地域密着型の病院であります。
少子高齢化がすすんでいる知多半島南部地域の人口動向を背景に当院の入院患者構成は60~80歳代の患者さんが多数を占めており、高齢者の医療需要が高くなっていることが分かります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患の短手3(内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術2cm未満) 232 2.5 2.9 0.0% 66.0
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 15歳以上 手術なし 処置2なし 155 21.8 14.3 4.0% 78.4
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし 129 27.5 21.7 10.0% 84.8
高齢者の方が多い地域のため肺炎・心不全などの心肺疾患で入院される方が多くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 37 4.6 10.3 0.0% 4.8
080270xxxx1xxx 食物アレルギーの短手3(小児食物アレルギー負荷検査) 14 1.9 2.3 0.0% 1.4
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置2なし 副傷病なし 5 2.4 7.0 0.0% 7.2
調整中
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x002xx0x 鼠径ヘルニアの短手3(腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(15歳以上)) 34 5.7 5.1 0.0% 66.4
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 21 7.8 7.0 0.0% 62.2
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 処置1なし 処置2なし 17 21.3 17.4 0.0% 72.0
調整中
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 72 57.5 28.7 11.0% 82.6
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 副傷病なし 31 24.5 21.5 10.0% 79.8
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 11 54.9 27.2 0.0% 75.2
調整中
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞 JCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(3) 副傷病なし 40 36.4 18.1 0.0% 72.4
010060x099000x 脳梗塞 JCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 27 35.7 15.8 4.0% 75.7
010060x099031x 脳梗塞 JCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(3) 副傷病あり 23 48.8 34.7 0.0% 76.2
脳神経外科では脳卒中(脳梗塞・脳出血などの脳血管障害)・頭部外傷・癲癇・脳腫瘍などに対して診療を行っています。脳神経外科入院患者の中では約50%を急性期脳卒中が占めており、24時間体制で治療を行っています。脳卒中の中では脳梗塞が最も多く、中でも発症から約24時間以内の急性期症例(エダラボン適応あり)が最多であり、発症4.5時間以内の症例にはt-PAを適応検討の上で使用しています。続いて発症数日を経過して受診する急性期脳梗塞(エダラボン適応なし)や、脳内出血の症例が入院患者数の上位を占めています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 12 7.5 9.0 0.0% 65.5
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 処置1なし 3 2.3 2.6 0.0% 35.3
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 2 8.0 12.0 0.0% 85.0
当院皮膚科では皮膚科疾患全般に対応できるように努めています。治療はEBM(科学的根拠に基づいた医療)を基本として、日本皮膚科学会のガイドラインに沿って行っております。安静や点滴が必要になる重症な病気は入院治療を行っております。レーザー治療および美容診療は行っておりません。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 6 8.8 7.6 0.0% 78.7
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 6 11.7 8.6 0.0% 68.5
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍の短手3(前立腺針生検法) 4 2.0 2.7 0.0% 71.8
当院泌尿器科では必要かつ十分な検査、またなるべく体に負担のかからない治療をモットーとしております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍の短手3(子宮頚部(腟部)切除術) 7 3.7 3.4 0.0% 45.4
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし 7 13.1 12.2 0.0% 31.9
120140xxxxxxxx 流産 5 2.2 2.3 0.0% 32.4
平成27年度より医師減少のため、症例数の減少がみられます。
また、分娩制限もさせていただいております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障の短手3(水晶体再建術・眼内レンズ挿入・その他のもの) 219 0.0 3.0 0.0% 76.1
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 処置1:水晶体再建術 処置2なし 9 8.0 8.0 0.0% 71.8
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 処置2なし 片眼 8 11.1 8.6 0.0% 64.8
当院眼科では、白内障手術は患者さんの希望により入院での施行が多くなっております。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸の短手3(終夜睡眠ポリグラフィー3(1及び2以外)) 14 2.0 2.1 0.0% 56.5
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 5 31.0 5.3 0.0% 63.0
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 1 11.0 5.5 0.0% 33.0
調整中
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 11 3 1 13 2 3 1 7
大腸癌 12 12 11 6 2 6 1 7
乳癌 11 9 5 2 0 4 1 7
肺癌 1 0 1 13 2 6 1 7
肝癌 3 1 2 4 1 12 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、患者さんが安心して治療を行うことができるよう、がん性疼痛看護認定看護師、がん化学療法看護認定看護師、がん薬物認定薬剤師を配置し、多職種がそれぞれの専門性を活かしてチームで患者さん、ご家族の心のケアにも努めております。又、療養環境として外来化学療法の患者さんのプライバシーと静かな環境に配慮した「外来化学療法室」「外来リカバリー室」を設けています。各がんの領域における腹腔鏡の手術も実施し、特に乳がんにおいては乳腺専門外来を行い、積極的に治療を行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 32 17.3 57.3
重症度 1 68 23.5 81.8
重症度 2 37 20.5 83.9
重症度 3 18 23.1 84.2
重症度 4 8 64.5 81.9
重症度 5 2 190.5 88.5
不明 0 0 0
市中肺炎の患者さんの状況をみると、やはり高齢になればなるほど、その重症度は高くなっております。重症度に応じた治療を実施していますが、重症化した場合は平均在院日数が短くなっています。肺炎の治療期間は、重症度とともに延びる傾向がありますが、平均3週間前後と思われます。
このことより、肺炎の診断が早期であればあるほど、より短い入院期間で治ることが改めてわかります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 131 48.8 75.4 6%
その他 12 42.5 79.8 8%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
脳梗塞は、脳の血流が悪くなることで起こる病気です。発症後は早期の対応が望まれ、日本脳神経外科学会専門医と日本脳卒中学会専門医認定資格をともに持つ、3名の常勤医が救急診療から対応しています。
当院の診療圏である知多半島南部は高齢化が進んでおり、脳梗塞入院の平均年齢は67歳を超えています。常勤医のうち2名は日本脳神経血管内治療専門医として、高齢者にも低侵襲な診療を提供しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 239 0.5 1.4 0.0% 66.3
K654 内視鏡的消化管止血術 29 0.7 10.4 3.0% 74.4
K6872 内視鏡的消化管止血術(胆道砕石術を伴うもの) 22 1.9 9.4 5% 76.4
大腸検査の普及により大腸ポリープなどが発見される方が多いため、内視鏡的治療で入院される方が多くなっています。
昨年度と比較し内視鏡の治療は大幅に増えています。内視鏡治療は進歩しており、症例数は今後も増加するものと思われます。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
該当なし
該当なし
該当なし
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 34 1.1 3.7 0.0 66.4
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 28 1.3 7.6 0.0% 62.5
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 21 6.2 12.8 0.0% 71.5
調整中
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕) 48 3.8 22.9 10.0% 82.4
K0811 人工骨頭挿入術(股) 35 4.5 26 9.0% 81.8
K0732 関節内骨折観血的手術(手) 22 1 19.5 0.0% 56.7
調整中
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 14 1.1 11.8 7.0% 75.9
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 6 6.3 12.8 0.0% 74.3
K1781 脳血管内手術(1箇所) 6 0.2 29.3 0.0% 67.5
脳神経外科手術数としては症例数の多い慢性硬膜下血腫が最多となっていますが、頚部内頚動脈狭窄病変に対する経皮的頸動脈ステント留置術による血行再建や、破裂または未破裂脳動脈瘤に対する塞栓術などの血管内手術も積極的に実施しております。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 K013-21 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)+全層植皮術(25㎠未満) 2 0 8.5 0.0% 78.5
K0062 皮膚腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上,6㎝未満) 1 0 2 0.0% 58
該当なし
当院では皮膚腫瘍に対して必要に応じて皮膚生検等を行い診断を行っております。
また、必要に応じて連携している病院へ紹介も行っております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 7 5.6 7.3 0.0% 76.7
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 3 0 1 0.0% 66.6
該当なし
前立腺肥大症、膀胱腫瘍の場合手術が必要な患者さんには可能なかぎりお腹を切らない手術である内視鏡手術を行っております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 7 0.9 1.9 0.0% 45.2
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) 4 0 1.3 0.0% 31.5
K8722 子宮筋腫摘出(核出)術(腟式) 2 0.5 40 0.0% 41.5
子宮頚部(膣部)切除術が増加傾向にあります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 219 0 3.6 0.0% 76.2
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 23 0 9.1 0.0% 68.1
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 7 0 6.4 0.0% 74.4
上記以外では、抗VEGF硝子体注射、翼状片手術、眼瞼下垂手術等が多くなっております。
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
該当なし
該当なし
該当なし
調整中
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 5 0.16%
異なる 11 0.36%
180010 敗血症 同一 0 0.00%
異なる 23 0.75%
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00%
異なる 3 0.10%
180040 手術・処置等の合併症 同一 0 0.00%
異なる 3 0.10%
合併症の発生率は臨床上ゼロにすることはできません。少しでも改善すべき指標を経時的に公表し、数値を可視化することで改善の原動力として、医療の質の改善に繋げていきます。
<播種性血管内凝固症候群>
さまざまな基礎疾患のために過剰な血液凝固反応が生ずるため体内で抗血栓性の制御が十分でなくなり、全身の血管内で微小血栓(血の塊)が多発して臓器不全、出血傾向のみられる予後不良の病気です。
<敗血症>
肺炎や腎盂腎炎など生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす病気です。無治療ではショック、播種性血管内凝固症候群、多臓器不全などとなり生命にかかわります。
<真菌症>
真菌とはカビのことです。カビが様々な患部に定着することに起因する感染症です。健康の人には抵抗力があり普通は感染しません。何らかの病気で弱っていると免疫力低下により感染します。
<手術・処置の合併症>
手術や処置を施行したことに伴って起こる病気です。最大限の注意を払って最善の治療を施しても回避不可能な場合があり、臨床上ゼロにすることは難しいものがあります。
当院は播種性血管内凝固症候群、敗血症、真菌症においては、全国平均より発生率が高い状況です。これは全国よりも高齢化の進む地域が診療圏であり、多くの基礎疾患を患っている高齢者の方を多く抱える当院の特徴が数字に反映しています。
手術・処置の合併症においては、全国平均より発生率は低くなっています。当院はチーム医療を掲げ医師、看護師、その他コメディカル(薬剤師、リハビリ技師、検査技師、放射線技師等)が連携し、患者中心の医療を実現する努力を行っています。この努力が低い発生率へと繋がっていると考えます。
更新履歴