home

病院のご案内外来のご案内入院のご案内診療科・部門篠島診療所各種ドック・健診病院へのアクセス

 

□ 診療担当医表

□ 救急医療について

□ お見舞いについて

 
 

□ 病診連携について

□ 医療講座について

 
 

□ 臨床研修医

□ 後期臨床研修医

□ 看護職員

□ その他

 


栄養管理委員会
化学療法委員会肝臓病委員会患者サービス向上委員会
生活改善センター運営委員会糖尿病教育委員会NST委員会



当委員会は、全ての入院患者さんを対象として、統一した基準で栄養管理を行うNST
(栄養サポートチーム)として病棟回診、栄養療法に関する活動、討議をしています。
 委員会構成:医師(外科)、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、
 言語聴覚士、事務

日本静脈経腸栄養学会 NST 稼働施設
日本静脈経腸栄養学会 NST 認定教育施設
日本栄養療法推進協議会 NST 稼働施設

※日本静脈経腸栄養学会 認定医・評議員 村元雅之
※NST専門療法士4名在席(看護師3名、管理栄養士1名)


−過去 3 年間の学会活動−

<平成 27 年度>
平成 27 年 4 月  JA 愛知厚生連合同セミナー 特別講演(村元雅之)
平成 27 年 6 月  第14回 知多半島栄養サポートフォーラム 発表(小出賢吾)
平成 27 年 7 月  第16回 アジア静脈経腸栄養学会 発表(村元雅之)
平成 27 年 7 月  第 9 回 日本静脈経腸栄養学会東海支部学術集会 発表(木島綾乃)
平成 27 年10月  第64回 日本農村医学会学術総会 発表(村元雅之)
平成 28 年 2 月  第31回 日本静脈経腸栄養学会学術集会 発表(村元雅之)
           〃                  発表(木島綾乃)

<平成 26 年度>
平成 26 年 5 月  第21回 愛知NST研究会 発表(神谷有紀)
平成 26 年 7 月  第12回 知多半島栄養サポートフォーラム
               世話人・ミニレクチャー(村元雅之) 座長(沖田英人、木島綾乃)
平成 26 年11月  第22回 愛知NST研究会 発表(村元雅之)
平成 26 年11月  第13回 知多半島栄養サポートフォーラム 発表(木島綾乃)

<平成 25 年度>
平成 25 年 6 月  第10回 知多半島栄養サポートフォーラム 発表(村元雅之)
平成 25 年 7 月  第 7 回 日本静脈経腸栄養学会東海支部学術集会 発表(上村真紀)
平成 25 年11月  第20回 愛知NST研究会
              世話人・教育講演(村元雅之) 座長(上村真紀、上原恵子)
平成 25 年11月  第11回 知多半島栄養サポートフォーラム 発表(上村真紀)
平成 26 年 2 月  第29回 日本静脈経腸栄養学会学術集会  座長(村元雅之)
                             発表(大中綾乃)




回  診 週1回(療養病床は月1回)
ランチミーティング 月2回
院内勉強会 2ヶ月に1回
委員会 2ヶ月に1回

全入院患者に栄養スクリーニングを行い、低栄養の場合はチーム回診により栄養プラン
の提案を主治医に行い栄養状態の改善をサポートします。
また、定期的な勉強会による栄養教育、栄養療法に関する薬剤・食品・資材の検討も行
っています。
NSTに関わる学会、地方勉強会にも積極的に参加、発表を行い知識の向上、地域への貢
献を目指しています。 その取り組みの一つとして、当院のNST回診に近隣病院からも
研修として参加していただいています。

−NSTはこんなに大切です−
どの病院でも一般に、入院患者の30%程度は栄養障害があると言われています。
それは病気と闘うためにエネルギーを消費した結果、栄養障害に陥っているからです。
脚の筋肉がゴッソリと落ちてやせた重症患者さんを見たこと、ありますよね?
栄養障害の典型です。
こうなりますと歩く力を失うどころか嚥下筋力も落ち、食事を飲み込めなくなったり誤
嚥性肺炎を併発したりするため入院期間は遷延し、入院死亡率も高くなってしまいます。
この負のスパイラルを断ち切るカギは栄養なんです。
NST活動は今後必ず発展し、チーム医療の柱となることでしょう。