home

病院のご案内外来のご案内入院のご案内診療科・部門篠島診療所各種ドック・健診病院へのアクセス

 

□ 診療担当医表

□ 救急医療について

□ お見舞いについて

 
 

□ 病診連携について

□ 医療講座について

 
 

□ 臨床研修医

□ 後期臨床研修医

□ 看護職員

□ その他

 


栄養管理委員会
化学療法委員会肝臓病委員会患者サービス向上委員会
生活改善センター運営委員会糖尿病教育委員会NST委員会



 当委員会は、全ての入院患者さんを対象として、統一した基準で栄養管理を行うNST (栄養サポートチーム)と褥瘡発生の予防、治療を行うスキンケアチームが合同された「栄養スキンケアチーム」による 病棟回診・栄養療法とスキンケア全般に関する活動を行っています。
 委員会構成:医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、言語聴覚士、
       医療ソーシャルワーカー、事務員

日本静脈経腸栄養学会 NST 稼働施設
日本静脈経腸栄養学会 NST 認定教育施設
日本栄養療法推進協議会 NST 稼働施設

※日本静脈経腸栄養学会 認定医・評議員 村元雅之
※NST専門療法士4名在席(看護師3名、薬剤師1名、管理栄養士1名)
※皮膚排泄ケア認定看護師 2名在籍




回  診 週1回
栄養サポート外来 月2回(第1・3金曜日)※予約制
褥瘡外来 月2回(第1・3金曜日)
褥瘡と栄養を考える会 年1回
ランチミーティング 月1回
院内勉強会 2ヶ月に1回
委員会 2ヶ月に1回

@全入院患者に栄養スクリーニングを行い、栄養状態の改善が必要と判断された方にNSTが
 介入しています。チーム回診により、栄養プランの提案を主治医に行い、栄養状態の改善を
 サポートします。
Aスキンケアが必要な方に介入し、チーム回診により創部の処置方法と栄養管理について
 検討しています。
B全入院患者に褥瘡リスクアセスメントを行い、体圧分散寝具の適正使用の検討を行い褥瘡
 発生予防に取り組んでいます。
C定期的な勉強会による栄養、スキンケア教育を行っています。栄養療法およびスキンケアに
 関する薬剤・食品・資材の検討も行っています。
DNSTおよびスキンケアに関わる学会、地方勉強会にも積極的に参加、発表を行い知識の向上、
 地域への貢献を目指しています。

〜栄養はこんなに大切です〜
どの病院でも一般に、入院患者の30%程度は栄養障害があると言われています。
それは病気と闘うためにエネルギーを消費した結果、栄養障害に陥っているからです。
脚の筋肉がゴッソリと落ちてやせた重症患者さんを見たこと、ありますよね?
栄養障害の典型です。
こうなりますと歩く力を失うどころか嚥下筋力も落ち、食事を飲み込めなくなったり誤
嚥性肺炎を併発したりするため入院期間は遷延し、入院死亡率も高くなってしまいます。
この負のスパイラルを断ち切るカギは栄養なんです。