home

病院のご案内外来のご案内入院のご案内診療科・部門篠島診療所各種ドック・健診病院へのアクセス

 

□ 診療担当医表

□ 救急医療について

□ お見舞いについて

 
 

□ 病診連携について

□ 医療講座について

 
 

□ 臨床研修医

□ 後期臨床研修医

□ 看護職員

□ その他

 


病棟
病棟
病棟
病棟
病棟

○回復期リハビリテーション病棟とは
 「回復期リハビリテーション病棟」は、急性期(積極的な治療)を脱しても、まだ医学
 的・心理的サポートが必要な時期の患者さんを対象に受け入れ、多くの医療専門職がチ
 ームを組んで、集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で自宅
 や社会へ戻っていただくことを目的としています。
  これらの患者さんに対し、チームの各担当スタッフが入院後、寝たきりにならないよ
 う、起きる、食べる、歩く、トイレに行く、お風呂に入るなど(これらを「日常生活動
 作」(ADL)といいます)への積極的な働きかけで改善を図り、家庭復帰を支援してい
 く病棟です。
 1.発症・受傷の初期から家庭・職場への復帰に向けて、一貫した治療を行います。
 2.十分な設備と専門スタッフにより、中枢神経疾患・整形外科疾患・内部疾患など、
   幅広い疾患に対する訓練が可能です。
 3.回復期リハビリテーション病棟では、病棟生活の中で身の回り動作中心に、リハビ
   リテーションを取り入れています。
 4.入院中の外泊訓練、家屋改修のアドバイスや介護指導など退院へのアプローチを積
   極的に推進しています。
 5.退院後も通院や在宅訪問指導を通じて積極的なフォローを行います。

○チーム医療で退院までを支援
 医師を中心とした、リハビリスタッフ、看護師、ケアワーカー、ソーシャルワーカーな
 ど多職種でチームを形成します。
 そして、それぞれの専門性を活かして、患者さん一人ひとりに合わせた、リハビリテー
 ションの計画とサポートを行い、退院後も安全に生活できることを目指していきま
 す。

病棟


○回復期リハビリテーション病棟の入院対象となる疾患・状態

疾 患 名 入院までの期限 入院上限日数
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後もしくは手術の状態又は義肢装着訓練を要する状態 発症または術後
2ヶ月以内
150日以内
高次機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷の発症又は手術後 発症または術後
2ヶ月以内
180日以内
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態 発症または術後
2ヶ月以内
90日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 発症または術後
2ヶ月以内
90日以内
股関節又は膝関節の置換術後の状態 発症または術後
1ヶ月以内
90日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 発症または術後
1ヶ月以内
60日以内

○入院までの流れ

入院を希望
される方

・入院している医療機関にご相談下さい
患者様の
情報提供

・入院している医療機関から病状をお伺いします
ご家族との
面談

・ご家族の要望をお伺いします
・入院に必要な手続きなど説明いたします(※)
入院決定

・当院で入院の可否を判断いたします
入院日

・検査、診察を行います
・今後の療養生活について話し合います
(※)入院時に必要な持ち物等は下記をクリック
 >>「入院される患者様・ご家族様へ」(PDF)

○入院から退院までの流れ

入院日
・検査、診察を行います
・今後の療養生活について話し合います
リハビリ計画
リハビリ実施

・医師の指示の元、患者さんに適した計画を立て、訓練を行います
カンファレンス
・患者さんの状態、訓練の進行具合、問題点の話し合いを行い、今後の方針について検討します
家族へ
状況報告

・リハビリや入院中の様子をお伝えします
退院
・在宅での生活がスムーズに行えるように、家屋調査・介護サービスの準備や家族指導を行います

○ご紹介・お問い合わせ

医療福祉相談室(地域医療福祉連携センター内)
受付時間  : 平日
土曜(第1・第3)
9:00〜17:00
9:00〜12:20
電話番号  : 0569-83-2207(直通)





                              ▲このページのTOPへ