home

病院のご案内外来のご案内入院のご案内診療科・部門篠島診療所各種ドック・健診病院へのアクセス

 

□ 診療担当医表

□ 救急医療について

□ お見舞いについて

 
 

□ 病診連携について

□ 医療講座について

 
 

□ 臨床研修医

□ 後期臨床研修医

□ 看護職員

□ その他

 

薬剤部放射線技術科臨床検査科リハビリテーション科
臨床工学技術科栄養科医療安全管理室院内感染制御部
地域医療福祉連携センター

部門紹介 薬剤科

検査科では患者さんから採取された血液や尿といった体液の検査(検体検査)や、患者さん
に直接行なう生理学的検査を行なっています。検体検査の種類には生化学・免疫検査、輸血検査、血液検査、一般検査、病理検査、微生物検査などがあります。
当科ではこれらの検査を24時間体制で行い、信頼性の高い検査結果を提供するために、日本医師会・日本臨床検査技師会などの諸団体が行う外部精度管理に参加し、正確に実施されているかをチェックすることで、患者さんに優しい検査室を目指し、日々努力を続けています。


生化学・免疫検査輸血検査血液検査一般検査
病理検査微生物検査生理検査


● 生化学・免疫検査
血液検査を行う部門です。救急医療に対応する為、24時間体制で血液検査を行います。血液検査を実施する事により、心機能、肝機能、貧血、糖尿病、腫瘍マーカーなど体の様々な情報を得ることができます。採血結果が診断、治療を決定する要因のひとつとなります。

● 輸血検査
輸血というのは、病気・ケガの治療をするために患者さんの状態を安定させる効果的な医療行為です。
その輸血製剤(血液製剤、血漿分画製剤)を保管・管理すると共に、血液製剤を輸血するために必要な検査を行っています。
厚生労働省からの「輸血療法の実施に関する指針」及び「血液製剤の使用指針」に基づき、安全で適正な輸血を実施することが一番の目的です。

● 血液検査
血算(赤血球数,白血球数,血小板数,ヘモグロビン量など)とその形態などを分類する血液像検査などがあります。これにより、炎症や貧血があるのか、また、白血病などの血液の病気があるのか病態の判定に重要な役割を果たします。また、止血機能が正しく働くかを調べる凝固・線溶検査を行っています。

● 一般検査
患者さんからの尿・便・体液を主な検体として検査を行っています。特に尿は検体として痛みなど無く採取でき、尿蛋白・糖・潜血や顕微鏡による尿中細胞の観察により腎臓病や糖尿病、尿路系の状態を知ることが出来ます。その意味においては理想の検体と言えます。その為患者さんが今後どの方向に検査を進めて行くかを決める検査室の玄関と言える所です。


● 病理検査

病理検査は病理組織検査、細胞診検査、病理解剖に大きく分けられます。
病理組織検査は手術や生検(胃や大腸の内視鏡検査)で採取された組織を肉眼的、顕微鏡的に観察し、病期の原因過程を診断する重要な検査です。
細胞診検査は婦人科擦過材料(子宮の一部を擦り取った材料)、尿、喀痰などを顕微鏡で観察し、悪性(癌)細胞等を検索し、判定・診断する検査です。
病理解剖は病死された患者様のご遺体を解剖することにより、死因、病因を明らかにし、生前の臨床診断、治療が適切であったか検討し、今後の診断、治療に役立てることを目的に行います。


● 微生物検査
細菌感染による炎症、発熱が疑われた場合、喀痰、便、尿、膿、血液などが材料(検体)として提出されます。
その検体を、細菌の発育に必要な栄養を含んだ寒天(培地)で発育させ、原因菌を検出します。検出された病原菌に対しいかなる抗生物質がどれだけ有効かを調べます。
この検査結果を参考に医師が最も有効な薬を処方します。


● 生理検査

生理検査室では、患者さんの体に直接機械を当てて検査を行います。 脳、心臓、耳などの様々な臓器を対象に体本来の状態と比較して“どの くらい又はどのように”変化しているのかを調べています。

                                           ▲業務内容トップへ