home

病院のご案内外来のご案内入院のご案内診療科・部門篠島診療所各種ドック・健診病院へのアクセス

 

□ 診療担当医表

□ 救急医療について

□ お見舞いについて

 
 

□ 病診連携について

□ 医療講座について

 
 

□ 臨床研修医

□ 後期臨床研修医

□ 看護職員

□ その他

 

薬剤部放射線技術科臨床検査科リハビリテーション技術科
臨床工学技術科栄養科医療安全管理室院内感染制御部
地域医療福祉連携センター

部門紹介 薬剤科

リハビリテーション技術科は、理学療法・作業療法・言語聴覚療法の3部門と訪問リハビリテーション部門に分かれています。
通常の訓練に加え、患者さんの退院後の生活環境の整備や、自宅の環境に応じた訓練のために、入院中に自宅へ訪問し「退院前訪問リハビリテーション指導」も行います。
平成26年6月からは、回復期リハビリテーション病棟を開設し、より在宅復帰に向けた訓練を強化しています。


理学療法士・作業療法士・言語聴覚士



【理学療法】

骨折・脳血管障害による機能低下や障害の方に、「起き上がる・立つ・歩く」と言った基本動作が獲得できるよう、運動療法による筋力・可動域・協調性の訓練を実施しています。
整形外科疾患の方に対しては、術前から関わることで、早期より効果的・効率的な治療を行なっています。
訪問リハを実施しており、退院後も家屋環境の整備や屋内・外移動の安定を目指した訓練も行っています。


【作業療法】

上下肢の外傷・脳血管障害を含む中枢神経疾患の方を対象に、日常生活動作(食事動作や着替え)から家事動作、復職の援助など、実際に必要な動作を身につけていただけるように訓練を実施しています。
脳血管障害による高次脳機能障害(注意・集中する、記憶するなどに障害)の方に対して、必要に応じた機能訓練や家族指導も行っています。
小児の発達障害に対して、日常生活の自立や環境適応を目標に検査・訓練を行っています。


【言語聴覚療法】

脳血管障害による失語症(話す・理解する・読み書きなどに障害)や構音障害(舌や口唇の動きが悪く、呂律がまわらない)の方を対象に、話すことはもちろん、ジェスチャーや様々な手段を利用し、コミュニケーションをより円滑に行う為に指導・訓練を実施しています。
食べることや飲み込みに問題のある方(摂食・嚥下障害)に対しても、安全に食事を摂っていただけるよう訓練・指導をしています。


【チーム体制】

入院では、外科系チーム(主に整形外科、脳神経外科、外科)、内科チーム、回復期チームに分かれ、それぞれに理学療法士、作業療法士が配置されています。言語聴覚士は、横断的に活動をしています。


【教育】

入職1年目は、客観的臨床能力試験(OSCE)をもとに、基本的な事項の習得に、2年目は症例報告3年目は学会報告ができるように、プリセプターのサポートを受けながら教育をすすめます。科内ではその他に症例報告、文献抄読、勉強会があります。



10月 リハビリンピック(運動会)