看護部案内

研修制度

教育の必要性

 
1.看護を取り巻く環境の変化への対応
2.看護に求められる能力の高度化への対応
3.個人のキャリアニーズへの対応
4.組織のキャリアニーズへの対応

渥美病院看護部教育目的

キャリア開発の支援を行うことで、看護者の専門知識・技術・倫理観を高め、患者にとってより良い看護が提供できる

平成21年度目標

1.新人教育体制の整理
2.看護研究 育成システムの構築
3.看護過程の質の向上
4.教育委員会部員の育成

教育システム

看護者の「キャリア開発」を主体として、個人のキャリアニーズ《将来なりたい自分》と
組織のキャリアニーズ《組織にとって必要な人材》との一致を図り支援する教育システムを行っています。
その中で、平成19年よりクリニカルラダーを導入しました。
ラダーレベルⅠ~Ⅳの段階に沿って教育プログラムを計画しています。
看護者個々が、それぞれのレベルにおいて集合教育を受け、職場のOJTとサポ-トを受けながら、
看護者としての能力を高めています。
クリニカルラダーとは別に、卒後1年目は基礎を確実に学ぶ時間を確保するために、
ビギナーレベルをラダーの前段階として設けています。
現場では、プリセプター制度とコーチ制度を導入し、チーム全体で支援する体制になっています。
【レベルの定義】
レベルⅠ  指導を受けながら看護を実践できる
レベルⅡ  日常の看護実践が自立してできる
レベルⅢ  リーダーシップが発揮できる
レベルⅣ  優れた能力を発揮しながら、役割モデルがとれる
ビギナー  指導を受け看護過程展開の思考に沿って日常生活援助が実践できる

研修プログラム

■ラダーレベル毎の研修
■ラダー外研修
※研修はクリニカルラダーに沿って各段階に必要となる研修をOFF-JTのみならず、
OJTについてもラダー項目に沿って統一が図れるように作成

組織図



新入職員教育体制

新入職員教育体制図


研修風景

部署配属前の4月に研修を行います。各病棟ローテーション研修も行っています。