臨床工学技術科

臨床工学技術科とは

近年ますます高度・複雑化する医療分野に於いて、安全かつ円滑に医療を提供するために、医学的な知識のみならず工学的な知識と技術を併せ持つ専門家として臨床工学技士は誕生し、医療機器、特に生命維持管理装置の操作・保守点検を業としています。
当院では、下記の高気圧治療、各種血液浄化療法の他、生命維持管理装置の操作、医療機器の保守点検・管理業務を行っています。
CE(Clinical Engineer)が正式略称ですが、ME(Medical Engineer ):エムイーとも呼びます。

高気圧治療

高気圧治療は、大気圧よりも高い気圧環境を応用する治療法で、高気圧酸素治療と再圧治療の2つに大別されます。当院では、一人用の下記装置にて治療を行なっています。

● 高気圧酸素治療とは
・・・高気圧環境(高気圧酸素治療装置)にて、高濃度酸素を吸 入し、各種の低酸素症状に伴う病態の改善を図る治療です。 治療時間は約90分程です。 適応疾患としては突発性難聴、網膜動脈閉塞等があります。
● 再圧治療とは
・・・減圧症(潜水病)の治療法で、高気圧環境(高気圧酸素治療 装置)にて、再度高い気圧環境に戻し症状の原因となっている 気泡の再溶解を促進する治療です。  治療時間は症状によりますが、135~485分程です。

血液浄化療法

● 血液透析/血液透析濾過/持続緩除式血液濾過
・・・ 〔適応疾患〕 腎不全等

● 血漿交換療法 (単純血漿交換/二重濾過血漿交換/血漿吸着療法)
・・・ 〔適応疾患〕 全身性エリテマトーデス、慢性C型ウィルス肝炎
家族性高コレステロール血症、閉塞性動脈硬化症等 (LDL吸着)

● 吸着式血液浄化法 (薬物吸着/エンドトキシン吸着等)
・・・ 〔適応疾患〕 薬物中毒等

● 白血球除去療法 (LCAP)/顆粒球吸着療法 (GCAP)
・・・ 〔適応疾患〕 潰瘍性大腸炎、関節リウマチ
※ 高気圧治療・血液浄化療法は、疾患や症状により、外来通院で行える場合と入院が必要になる場合とがあります。
また、各種血液浄化療法を実施するためには、疾患名だけではなく症状や検査結果等の治療条件を満たす必要があります。

ご質問等がございましたら、お気軽にスタッフへご相談下さい。