理念・方針

病院理念

私たちは地域の人々に人間愛に基づいた確かな医療を提供します。

基本方針

1. 心を込めた医療・介護サービスを提供し、地域の患者さまの安心と満足が得られるように心がけます。
2. 医療・介護の水準向上に努め、常に最善の医療・介護サービスを提供できるように心がけます。
3. 諸機関と密接に連携し、地域医療の向上を図るとともに、疾病予防の推進と介護サービスの充実に努めます。

 上記基本方針を達成するために、各部署に基本方針に則した品質目標を設定させ、定期的なレビューを通じて、 品質マネジメントシステムを効果的かつ継続的に改善するように全社員で取り組みます。 また、顧客の要望と医療・介護に関する規則や法的要求事項を満たすことを約束します。

患者様の権利と責任

 私たちは、インフォームドコンセント、すなわち、十分に説明され、理解し納得した上での同意を基本姿勢として、 患者さまと信頼関係で結ばれた医療を行いたいと考えています。ここに患者さまの権利と責任について確認し、
病院と患者さまが協力して理想的な医療を行いたいと思います。

1.知る権利
 患者さまは、病名、病状、治療内容とその危険性、薬の効果と副作用、予想される経過、検査内容と
その危険性などについて十分理解できるまで説明を受けることができます。
 患者さまは、薬の治験に関する医療行為について事前に説明を受けることができます。
 患者さまは、治療に要する見込みの費用や、要した費用の明細について説明を受けることができます。

2.自己決定の権利
 患者さまは、十分な情報と医療従事者の助言を得た上で、自己の意志により、
検査、治療、治験その他の医療行為に同意、選択あるいは拒否することができます。
 また、医師を選択することも、紹介状を請求して別の病院に替わることもできます。

3.プライバシーが保護される権利
 患者さまには、個人の情報を直接医療にかかわっている医療従事者以外の第三者に開示されない権利があります。
また、私的なことに干渉されない権利があります。

4.参加と共同の責任
 これら1~3の権利を守るため、患者さまは以下の責任があります。