放射線技術科

概要

核医学検査装置(SPECT・CT) 64列マルチスライスCT

患者さまを中心とするチーム医療の一員として行動し、専門分野の知識向上に努めています。積極的に資格取得を目指しており、以下の資格を取得しています。

検査について

「今度、放射線科で検査を受けるんだけど、どんな検査か不安だな…」  不安な患者さまのために参考にしていただけるよう、放射線科でよく行われる検査について、簡単に説明させて頂きます。

検査内容 所要時間 注射の有無 痛み、苦しさ
CT
X線を利用して身体の輪切りの写真を撮ります 5~10分 単純は無
造影は有
特にありません
MRI 磁石を利用して身体のいろいろな方向の写真を撮ります 20~30分 単純は無
造影は有
装置の音が大きい
RI 放射性医薬品を注射して身体のいろいろな形態・機能を検査します 30~60分 検査時間が長い
胃透視 バリウムと発泡散を飲んで、胃を膨らました状態で、いろいろな方向から写真をとります 5~10分 検診は無
精検は有
バリウムが飲みにくい
ゲップを我慢するのが苦しい
注腸 肛門からバリウムと空気を入れて、大腸をいろいろな方向から撮影します 10~15分 肛門からバリウムと空気を入れるので苦しい
乳房撮影 乳房を機械で圧迫して、2方向から撮影します 5~10分 乳房を圧迫する時
痛い
骨塩定量 微量なX線を利用して、骨の密度を測定します 5~10分 特にありません
IVP 造影剤を注射して、腎臓・尿管・膀胱を撮影します 20分 特にありません