平成27年度 渥美病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 106 51 143 162 173 295 518 842 1163 511
当院は渥美半島唯一の総合病院として医療・介護・福祉・保健といった幅広い医療サービスを提供しております。
少子高齢化がすすんでいる渥美半島において、幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいておりますが、60歳以上の患者さんが約77%にのぼり地域社会の高齢化を反映しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 228 33.19 21.69 2.19 86.31
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 138 1.99 3.07 0 67.66
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 125 21.02 14.34 0 78.15
当院の内科では高齢者の方が全患者数の中で占める割合が多いため誤嚥性肺炎・肺炎などの呼吸器疾患が多くなっております。循環器疾患では狭心症の検査入院が多くなっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 101 50.75 28.7 1.98 84.53
160690xx97xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) その他の手術あり 69 32.74 21.52 0 80.28
070470xx99x6xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 6あり 44 2 2.91 0 73.68
脊椎、関節疾患など整形外科のあらゆる分野を網羅して、外来での保存療法から入院での手術療法まで地域の整形外科治療に対応しております。高齢者の骨折に対してもできる限り早期に手術を行い早期離床、早期社会復帰に努めております。また、継続して入院治療が必要な患者さんなど社会の高齢化にも対応できるよう、当院に設置されている地域包括ケア病棟と連携しております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 7.45 9.17 0 77.09
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 17 17.18 17.41 0 75.06
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 16 5.38 7.84 0 62.31
当院外科はヘルニア、胆嚢をはじめ、緊急性のある腸閉塞の保存療法や胃や大腸、肺などの適応症例に対しては積極的に手術を実施しています。(ヘルニアはDPC対象外症例のため表記されておりません。)
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 40 26.63 18.08 2.5 70.08
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 27.57 15.8 3.33 71.37
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 14.93 10.02 0 77.38
脳出血やくも膜下出血などの救急疾患に対しては診断および治療が迅速に行われるよう24時間対応できる体制をとっています。また、発症から3時間以内の脳梗塞に対してはtPAという薬を用いた治療が可能となっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120150xx99xxxx 妊娠早期の出血 手術なし 27 22.89 13.18 0 29.33
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 4.87 6.17 13.04 0
120140xxxxxxxx 流産 22 1.95 2.34 0 32.41
当院では妊娠の判定と分娩までの管理、産後のフォローまでの周産期管理を行っています。ハイリスク妊娠や多胎妊娠の患者さんは他の病院へ紹介させていただきます。また、婦人科領域については子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍、性行為感染症、頚管ポリープなどの疾患に対応しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100250xx99100x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 2.29 3.86 0 6.96
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし 10 3.4 5.72 0 1.5
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 6.31 - -
市内唯一の小児入院施設であり、田原市の小児医療中核施設として発熱、咳等の一般診療、低身長などの内分泌疾患や各種アレルギー疾患、その他専門的な診療を行っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 27 12.7 5.31 0 66.3
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.53 - -
030270xxxxxxxx 上気道炎 - - 4.83 - -
メニエール病などの耳性めまいを多く診療しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
白内障はDPC対象DPC対象外症例のため表記されておりませんが、当院は白内障のほか緑内障、眼底疾患(糖尿病性網膜症、網膜剥離、黄斑変性症など)、ぶどう膜炎、角・結膜炎など眼科領域全体にわたり診療を行っています
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 17 11 - 11 - 37 1 7
大腸癌 - - 12 - - 29 1 7
乳癌 - - 17 1 7
肺癌 - - - - 15 1 7
肝癌 - - - - 19 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数としては胃がん、大腸がん、乳がんの順となっています。
当院は、患者さんが安心して継続的に治療を受けられることができるよう、がん化学療法認定看護師、がん指導薬剤師など多職種がチームとなり、それぞれの専門性を活かして患者さん、家族のケアに努めております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 17 9.41 49.18
重症度 1 28 18.36 77.25
重症度 2 31 23.26 85.06
重症度 3 27 27.52 86.52
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
重症度が高くなるにつれ患者さんの平均年齢が高くなっております。
当院で肺炎の治療を受けられる患者さんは、ご高齢の患者さんが多く、その大半が誤嚥性肺炎ですが、誤嚥性肺炎はこの指標の対象疾患には入っていないため総件数が少なくなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 128 36.38 77.86 1.95
その他 26 31.69 75.04 0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞では、ほとんどの患者さんが発症日から3日以内に治療を受けられています。脳梗塞治療では迅速に治療を行うことがその後の患者さんのADL(日常生活動作)に大きな影響を与えます。
当院では緊急に治療が必要な患者さんを常に受け入れることができるように体制の確保に努めています。また、脳梗塞治療において、リハビリテーションは脳梗塞の合併症・後遺症を防ぐために非常に重要です。当院には在宅や施設への復帰支援に向けた医療を行う地域包括ケア病棟、引き続き医療処置を必要としている慢性期の医療を行う療養病棟があります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 81 2.26 42.3 0 83.88
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 45 0.89 13.24 2.22 52.49
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 39 4.44 50.49 5.13 83.31
骨折手術を多数行っており、中でも高齢者の方に多い大腿骨骨折の手術件数が多くなっております。手術後継続してリハビリテーションをが必要な患者さんなど社会の高齢化にも対応できるよう、当院に設置されている地域包括ケア病棟と連携しております。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 55 3.33 18.25 1.82 82.47
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 25 1.44 1.52 0 69.24
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの) 19 1.42 10.05 0 75
内科で施行する手術の中では胆のう炎等に有効である内視鏡的胆道ステント留置術や狭心症治療のための経皮的冠動脈ステント留置術(PCI)を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 29 0.66 1.79 0 62.28
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 27 1.19 3.96 0 61.26
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 24 1.67 2.38 0 73.13
当院外科はヘルニア、胆嚢をはじめ、胃や大腸、肺などの適応症例に対しては積極的に手術を実施しています。これらの内視鏡を使った手術は治療期間の短縮や術後の痛みの低減など患者さんにも多くのメリットがあります。また、それ以外にも消化器がん(胃、大腸、肝など)や乳がん手術に対応しておりがん患者さんも数多く診療しております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 221 0 1 0 77.65
- - - - - - -
- - - - - - -
白内障手術を多数実施しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週までの場合) 21 0.95 0.05 0 32.57
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 13 2.31 10.08 0 34.38
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 10 1.4 10.5 0 29
当院では妊娠の判定と分娩までの管理、産後のフォローまでの周産期管理を行っており帝王切開も実施しております。また、ハイリスク妊娠や多胎妊娠の患者さんは他の病院へ紹介させていただきます。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 22 3.09 14.18 0 79.5
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) - - - - -
慢性硬膜下血腫の治療法には外科的手術が推奨されており当院でも実施しています。手術後継続してリハビリテーションをが必要な患者さんなど社会の高齢化にも対応できるよう、当院に設置されている地域包括ケア病棟と連携しております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
K0052 皮膚腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上,4㎝未満) - - - - -
何度も繰り返される口蓋扁桃手術等を行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
診察の結果、より高度な検査や治療を必要とする場合は、他の医療機関へご紹介するなど病診連携を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 11 0.28
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 18 0.45
異なる - -
臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、重篤な疾患である敗血症、播種性血管内凝固症候群、手術・術後の合併症、その他の真菌症について発症率を集計しています。
膵がんや大腸がん、胃がんなど消化器系の大手術後に血液の凝固に異常をきたす播種性血管内凝固を起こす場合があります。
また、さまざまな感染症などから血液に病原菌が入り、敗血症になることがあります。
更新履歴