足助病院
病院紹介診療部門外来担当医表院内マップお見舞いアクセスマップ関連病院
外来受診
入院について
健診・人間ドック
予防接種
看護部紹介
採用情報
あすけあい
足助村塾
講演・実地指導をご希望の方
駐車場のご案内
看護部

看護
看護部

 平成25年6月に新病院が完成し、足助の町並みをイメージした外観は落ち着いた雰囲気のある病院になりました。山々に囲まれた自然豊かな土地に、人生経験豊富なお年寄りが暮らし、日々の生活を営んでいます。私達はそんな人々が健康で、安心してこの地で暮らし続けられるよう、お手伝いをしています。
 看護部では、相手を思う気持ちを大切にし、心の声が聴ける看護を目指しています。 高齢患者さんに囲まれ、温かい人間性と、人と人とのふれあいの中で専門性を磨き、看護師としても患者様に育てて頂いていると実感できます。院内だけにとどまらず、看護・介護・医療チームが協力し合い、地域へ出向いた活動も積極的に実施しています。キャリアを積みながら、一人ひとりが自分の目指す夢に向かい、持てる力を思う存分発揮できるよう、応援しています。


看護部長

大山康子


看護部

看護部理念

 私達は地域の人々のために、知識と技術と思いやりを全ての行為に反映させ、
 心に寄り添う看護を提供します

【基本方針】
 1. 患者の個別性を尊重し、患者中心の看護を実践します
 2. 自律した専門性のある看護・介護者をめざします
 3. チーム医療の一員として看護・介護者の責任と役割を果たします
 4. やりがいと働きやすさを実感できる職場環境をつくります
 5. 社会情勢を理解し、積極的に病院経営に参画します

【平成29年度看護部目標】

1.臨床実践能力を備えた人材を育成し、信頼される看護サービスを提供する
 1)個別性を捉えた看護過程の展開を行う
  ・看護の振り返りを行う
  ・継続看護を含む退院支援と個人指導を行う
  ・1人1提案1改善を行う
 2)教育プログラムの充実を図る
  ・フィジカルアセスメント研修を開催する
  ・認知症看護に関する教育を行う
  ・中堅看護師の訪問看護への同行訪問を行う
 3)接遇を強化する
  ・挨拶運動を推進する
  ・5S活動を推進する

2.労働環境を整え、働きやすい職場をつくる
 1)計画的に有給休暇を取得する
  ・年間10日間の取得を目標とする
 2)職場環境の改善に取り組む
  ・時間外勤務の削減取り組みを行う
  ・効率化を考えた業務の見直しをする
 3)他職種・他部署との連携を図る
  ・病棟クラークを導入する
  ・応援体制を整備する

3.組織としての役割を認識し、積極的に病院経営に参画する
 1)効率的な病床運用を行う
  ・病床目標値を達成する
  ・適正な人員配置を行う
 2)診療報酬への対応
  ・加算維持と取得をめざす


 診療科 病棟紹介  診療科 教育システム  診療科 看護体制  診療科 福利厚生  診療科 病棟の一日

部署紹介
3階東病棟
【地域包括ケア病棟】

看護部




 急性期治療を終え病状が安定した患者さんに対して、在宅復帰や施設へ移るための「在宅復帰支援」を行う事を目的とし、平成27年4月より新たに開設した病棟です。
  主治医・看護師・リハビリテーションスタッフ・MSW(相談員)が協力し、ご家族とコミュニケーションを取りながら、安心して入院生活を過ごして頂くと共に、在宅復帰に向けての相談・準備をさせて頂いています。

3階西病棟 看護

 介護療養型医療施設は、急性期の治療を終えて長期に介護を必要とされる方が、在宅生活に向けてリハビリを行い自立支援をする病棟です。
 生活リズムや季節感を感じて頂けるようなレクレーションを取り入れながら、利用者さんとじっくり向き合う時間を大切にしています。利用者さんの笑顔が私たちの元気の源です。看護師と介護士が協力し、介護職にとってもやりがいのある職場です。

4階東病棟
看護


 4階東病棟は、病床数50床の内科・整形・眼科・耳鼻科混合病棟です。消化器疾患・呼吸器疾患、骨折・白内障などの手術適応の患者さんが入院してみえます。手術や検査が安心して受けられるように、分かりやすい言葉で説明することに心がけています。患者さん・ご家族から信頼される看護を提供するため、退院後の生活を見据えながら、安心して入院生活が送れるように援助させていただきます。

4階西病棟 看護

 4西病棟は外科・内科の混合病棟です。
  消化器系手術等の急性期から、癌終末期看護、誤嚥性肺炎・尿路感染症等で入退院を繰り返す慢性期の患者さんまで、多くの側面に対応しています。褥瘡・NST・転倒ラウンド・摂食嚥下等、専門職が協働してチーム医療を提供しています。忙しい病棟ですが、いつも笑顔で接することができるように、いきいきとした活気ある病棟をめざしています。

外来


 当外来の受診者は、足助・旭・稲武地区を中心とした地域住民の方が多く、 1ヶ月に約7200人の方が受診されています。
  外来スタッフとして、患者さん・ご家族にとって、安全・安心に満足していただけるように関わって参ります。病院と地域をつなぐ要である事を意識し、その人らしい生活を支える看護を目指して参ります。

手術室 看護部

 外科・整形外科・眼科・耳鼻咽喉科の手術を年間700件実施しています。あらゆる科目の知識と手術手順習得のため、医療機器メーカーの方、医師と共に勉強会を行い、共に育む環境を大切にしています。患者さんの不安を少しでも取り除けるように、手術前訪問や入室時の会話を通して、患者さん一人一人に向き合った看護を目指しています。

 トップ 看護部トップへ戻る  トップ 見出しへ戻る  

看護

教育内容

新人研修の特徴
 愛知県厚生連キャリア開発システムに基づいて教育を実施しています。足助病院の新人研修の特徴は、専任教育担当者による2ヶ月研修の後、6月からの配属としています。4月は集合研修で知識や技術の復習を行い、5月6月はフロアー研修として各病棟をローテーションで回り、部署の雰囲気を知ることができます。同期の絆が強まり、楽しく研修しています。

ビギナー・卒後1年目研修

病院の全職員で新人看護師を育成します。やがて仲間になり看護の力に、そして病院・地域を支えます。


看護研修


看護部
 トップ 看護部トップへ戻る  トップ 見出しへ戻る  
看護


PICK UP
認定看護師

看護部

 感染管理認定看護師は、病院・施設・在宅におけるすべての人を感染から守ることを役割としています。その中でも主に病院では、サーベイランス(院内感染の監査・調査)や、院内を見回るラウンド、感染防止のための院内感染防止マニュアル作成や感染対策、コンサルテーションや教育・指導を行っています。また施設の職員の方々、地域住民の皆様を対象に手洗い指導など感染予防や感染予防対策に関する活動を行っています。今後も医療従事者、患者様および家族の方、地域の皆様をサポートして行きたいと考えています。
 トップ 看護部トップへ戻る  トップ 見出しへ戻る  

福利厚生
看護部

・女子寮(楓寮)

 病院まで徒歩3分
 ワンルームマンション形式 
 バス トイレ キッチン 冷暖房 床暖房 
 クローゼット付き
 使用料:16,600円(月額)
 駐車料:3,000円(月額)


・子育て支援

 産前休暇
 産後休暇
 育児休暇(1歳まで)
 時間短縮勤務(3歳まで)
 夜勤回数軽減(3歳まで)

看護寮

看護
 トップ 看護部トップへ戻る  トップ 見出しへ戻る 

 



あすけびょういんごいけん・おといあわせ